子どものスマホのルールと運用を守らないとヤバイことになる

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どものスマホのルールと運用を守らないとヤバイことになる

子どものスマホのルールと運用を守らせるという考え方のポイント

子どものスマホのルールと運用を守らせるという考え方のポイントは、子どもを「スマホ依存」にさせないこと。スマホを与えることのリスクを理解させ、「生活」の一部となることを防ぐことが大切です。子どものスマホ利用時間について、小学校3年生までは20時以降は利用させず、中学生になれば1日1時間とし、年齢・状況に応じてルールを作ることが大切になります。

子どものスマホ利用時間についてルールを決めたり、設定したりできるかどうか、各家庭のPC環境などもよく確認して、その機器に合ったルールを作ることをおススメします。例えば、スマホとPCの混在型ユーザーの場合、子どもがゲームなどに集中しているときに、親が「今何をしているの?」など声をかけすぎると、子どもは自分の居場所がスマホによってどこにあるのかを探し、スマホがないと落ち着かないという状況になりかねません。

こうした状況を防ぐためにも、スマホは「操作が必要」と思う距離(1~2m)以内に置くことが基本となります。パソコンなども含め子どもが必要な機器を、親がどこにいても手軽に見られるツールは、安全な状態に置かなければなりません。

子どものスマホのルールと運用を守らせるという考え方のメリット

子どものスマホのルールと運用を守らせるという考え方のメリットは、子どもにだけスマホの利用を見守る仕組みをつくることができることです。具体的に親がすべきことをまとめていきます。子どもができることは、スマホの使い方を教えようとせずに「まずは見ることをやめよう」「ルールを決めるか、利用時間を決める」といった言葉をかけるだけにしましょう。見守りについては、2人の「決めごと」にしていきます。

子どもだけでスマホを使わせておいて、利用時間の範囲でルールを決めることはできません。実際に利用時間を決めて、子どもが守れない時にはスマホの使用を禁止する環境を作りましょう。親の適切な声かけやルール設定を行いつつ、時間が経つにつれて徐々にルールを変更して改善していくことを目指します。

LINEやSNSの通知はあらかじめ時間帯を設定して行うようにしましょう。こうしたルール決めや環境作りにより、使用時間を徐々に延ばしていくことができます。

逆に、ルールを守れるようになればその延長線上で利用時間の制限は難しくなっていきます。子どもに「見守る」意識を持ってもらうためにもLINEやSNSの使い方の注意点とルールを守らせる方法をルール化することをお勧めします。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました