子どもがオンラインゲームをやりすぎると脳に悪影響が出るって本当?

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもがオンラインゲームをやりすぎると脳に悪影響が出るって本当?

子どもがオンラインゲームをやりすぎると脳に悪影響が出ると言われる考え方のポイント

子どもがオンラインゲームをやりすぎると脳に悪影響が出ると言われる考え方のポイントは、ゲームが「教育的配慮」からコントロールされないところにあるようです。ゲームの内容そのものは、大脳辺縁系や海馬が直接関与するのではなく、子どもの脳でも報酬によってアクセスされ、活性化するそうです。ただ、報酬の与え方については微妙なようです。

子どもからすれば、自分が熱中すればするほど、その対価としてゲーム内で手に入るアイテムや、他者との関わりや信頼が“リアル”だと感じられる一方で、熱中しすぎて「ダメ」と言えないと、その子にとっていつまでもゲームの中の世界から切り離せない状態になることがあります。そして、結果として、本来オンラインゲームで得るべきポイント以上の金銭を得てしまうのです。それが、「リアルマネー教育」によってゲームの課金自体を“リアル”だと感じなくなる、という心理的な仕組みとなります。

オンラインゲームを通じた課金はともかく、オフラインのゲームにも類似したリスクがあり、オフラインのゲーミフィケーションによりオンラインとの差異が見いだせなくなる、という説明はなるほどと思います。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました