子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべき

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべき

子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべき理由

子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべき理由は、スマートフォンがあればいつでもどこでも気が向いたときに一人になりたいときに気軽にゲームができる便利なものであるためです。それは同時にいつでもどこでも人を監視できる便利さがあることに他なりません。しかし、そうした監視カメラ的な機能を活用できるのは人の面前で、何か危険な目にあったりしてしまったという緊急時だけです。

しかし、SNSで簡単に写真をやり取りできる時代だけに、一息ついて考えていることや今感じていることをツイートしてしまう人が多くなっており、場合によっては犯罪行為にまで至ってしまうこともあります。もし、あなたの子供だけであそぶときであっても、監視しているような印象を与えることを理解せず、言葉を発した時点でそれが監視だと思ってくれたらどんなに便利でしょう。

そのためにもそうした人の目が行き届かない場所でなにするのかを把握しておくことは大事であるといえます。そして、スマホ中毒ではないとしても、常に何かにとりつかれたように熱中している人はいるものですが、スマートフォンはその熱中する速度を早めているといっても過言ではありません。

子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべきという考え方のポイント

子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべきという考え方のポイントは、スマホ依存の人は依存症になる原因を深く考えてほしいということである。なぜスマホ依存になってしまうのか、その原因はスマホの使い方に特有のものではなく、スマホを介して誰かからもたらされる人間関係の悩みや情報、それに起因するストレスといった問題に起因するというのが、依存症に詳しい専門家が提唱している考えだ。親や学校、先生との関係によるストレスが、子どもをスマホ依存にしてしまうのであれば、スマホを子供に持たせる前に子ども自身が自分の悩みやストレスを自分で解決する力を育てる必要性があるという考え方だ。

親や先生が子供にスマホを預けるのであれば、例えば寝食を共にさせないようにすれば、子供が寝る時にスマホがなくても寝られるような工夫が必要だし、親や先生が子どものスマホを処分するならば、子どもを見守るくらいの姿勢は欠かさないでほしい、といったように依存症の正体の見えにくさを理解したうえで、子ども自身にスマホの使い方を考えさせる習慣を親が子どもにつけるべきだというのだ。

子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべきという考え方のメリット

子どものスマホ依存が心配なら依存症の正体の見えにくさを理解すべきという考え方のメリットは、スマホ依存を心配するのではなく、スマホ依存症の根本にあるスマホの様々な悪い面を知ることです。SNSに没頭しているのは、SNSが暇つぶしだからであり、通話の場合はスマホに時間をとられているわけではないと説明してくれることによって、スマホの問題と、スマホを日常的に使うことの危険性についての理解を深めることができます。問題の根本に触れることによってスマホ依存の全体像が見えてきた上で、スマホの代わりに便利な代替手段があることや、健康にも良い影響があることを知ることで、スマホを日常生活の中でどう使うかという方向性が明確になります。

スマホの使い方を親が学ばなければ、子どもがスマホ依存になるリスクが高まる可能性がある点も、合わせて説明するとよいでしょう。スマホに依存するリスクが、子どもに悪影響を及ぼすと心配するあまり、スマホをルール違反と決めつけるのではなく、スマホ以外にも使う選択肢があることや、スマホを規則正しく使うことで心の安定が得られることなど、本来子どものためになることについて伝えてあげましょう。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました