子どものスマホ依存が心配ならスマホ依存症の克服のための知識を学ぶべき

スポンサーリンク

スマホ依存症の克服のための知識を学ぶべき

スマホ依存症の克服のための知識を学ぶべき理由

子どものスマホ依存が心配ならスマホ依存症の克服のための知識を学ぶべき理由は、スマホがないと子どもが不安に駆られることがあるためです。子どもの性格によっては、スマホに依存してしまうのが当たり前のようになったり、スマホばかり見て部屋から出てこなくなってしまうこともあるでしょう。せっかく子どもにスマホを買い与えるのなら、スマホに依存した生活にならないように、スマホ依存症の対策をとることが大切なのです。

スマホ依存症の対策とは、スマホでできる娯楽に制限をつけたり、スマホをいじる時間を決めさせれば、スマホに依存せずにすみます。大人がまず実践すべき対策のひとつがスマホを手放す時間を決めることです。スマホがあると、子どもでも簡単に1〜2時間いじってしまってはいしまうものですが、夕方5時にゲームは禁止にする、テレビを見る時間は3時間にすると決めてしまうと、スマホを持つ時間を決めることができるでしょう。この対策をするには、まずは子どものスマホの使用時間を親が把握することが必要です。

関連 最近スマホばかり触っていると感じている人に向けた「スマホとの向き合い方」

昼間に何をしているか、寝る前にスマホを使っているか、保護者は常に子どものスマホ利用状況を把握しておくことをおすすめします。自分たちでルールを作ることが最も大事です。しかし、子どもがどんな使い方をしているかは見えづらくなるので、スマホを使う時間を制限するアプリや使っている時間を簡単に把握できるアプリを活用すると有効的です。保護者もスマートフォンの管理画面の操作方法などを勉強して、ある程度は使いこなせるようになる必要があると思います。子どものスマホ依存を放おっておいてはいけないのです。

スポンサーリンク

スマホ依存症の克服のための知識を学ぶポイント

子どものスマホ依存が心配ならスマホ依存症の克服のための知識を学ぶべきという考え方のポイントは、依存の現実を直視し、その克服法を知ることが一番の解決方法だからです。依存症の克服は学校のルールに従うだけでできることではありません。家庭でのルールが基本になります。

関連 こんな読まれた理由は?「2021年もっとも売れた本」スマホ脳

保護者と子どもが一緒になって、スマホについての知識や技術・スマホ依存症について学ぶという行為自体が、依存症の克服につながると考えるべきです。学校や保護者など周りの人たちを巻き込んでより早い解決をめざすことが、スマホ依存症克服への第一歩です。子どもを社会とのつながり、子ども同士の相互的な関係の中に戻すために、スマホ依存の課題を解決することが大切なのです。

スポンサーリンク

スマホ依存症の克服のための知識を学ぶメリット

子どものスマホ依存が心配ならスマホ依存症の克服のための知識を学ぶべきという考え方のメリットは、スマホの世代など関係なく使える点です。しかし、知識や予防法などに関して年齢が低い段階で理解していると、これからのスマホの使い方が大きく変わってきます。

大人への過渡期にある子供だからこそ、スマホにまつわる様々な知識を身に付けさせてあげてください。勉強という観点ではなく、スマホに関する知識を身に付けるには、子供に教えられる側ではなく教える側に回る必要があります。

スポンサーリンク

スマホが苦手という保護者もいるでしょうが、自分とは違う世界を見る機会に関われてラッキーと考えるぐらいの気持ちで挑んでみてください。せっかくのスマホの世界ですから、スマホに関して今より少しでも多くのお子様に理解してもらえるように興味を引くような話をしてみることで、もしかしたらスマホについて学ぶのを楽しみにしてくれる子どもが増えるかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

タイトルとURLをコピーしました