子どものスマホ依存が心配ならスマホを寝室に置かないことで克服しよう

スポンサーリンク

子どものスマホ依存が心配ならスマホを寝室に置かないことで克服しよう

スマホを寝室に置かない理由

子どものスマホ依存が心配ならスマホを寝室に置かない理由は、睡眠の質が下がってしまうからです。スマホから出るブルーライトは、体内時計を強制的にリセットさせると言われています。このリセットされた時間が睡眠の質を下げてしまうのです。だから、スマホ禁止令を出すよりも、スマホを使わないで済むように生活のリズムをコントロールしたほうがよっぽど良いのです。だからスマホで睡眠の質が悪くなっている場合は、その生活リズムや生活スタイルを変えることを検討するべきなのです。

関連 どうすればスマホ依存を克服できるか?

すでに寝室でスマホを触るということが習慣になっている子どもも多いと思うので、今日からスマホいじりをやめたほうがよいです。寝室には置かないというシンプルなルールです。睡眠のリズムが整えられ、心身ともに調子が良くなってくるはずです。良くない習慣から抜けることに集中しましょう。

スポンサーリンク

スマホを寝室に置かないことで依存症を克服するポイント

子どものスマホ依存が心配ならスマホを寝室に置かないことで克服すべきという考え方のポイントは、まず第一に「寝室に置くことでスマホに縛られてしまう」ことが上げられます。これはスマホ依存の本質的な問題とも大きく関わってきます。

寝室に置かれることで、依存が生じやすい、という不安感があるためにスマホとの付き合い方のコントロールを失敗しやすいということです。スマホを寝室に置くことで、スマホ依存が生じるのではないかという不安感とスマホを手放さないことによるストレスが問題になっているのです。

関連 スマホの普及率が増加するとともに現れた別の問題とは?

そのように考えると、充電場所を寝室以外に確保すると良いでしょう。寝るときにスマホの充電をする人が多いからです。寝室で使うときは、「緊急の用事」や「電波の状態が悪い」などのときだけにするとか、使い方の明確なルールを決めておくのが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

タイトルとURLをコピーしました