子どものスマホ依存が心配ならアプリの活用による克服方法を学ぶべき

スポンサーリンク

アプリの活用によるスマホ依存症の克服方法の考え方のポイント

子どものスマホ依存が心配なら設定やアプリの活用によるスマホ依存症の克服方法を学ぶべきという考え方のポイントは、子供の年齢に応じたアプリやアプリケーションの選択 ・子供のスマホ依存のチェック方法 ・子供のスマホ依存をどうやって克服するか、という3点です。併せて、子どもとネットの関わり方(オンラインゲーム・SNS・動画サービスなど)は、親になかなか見えにくくなるので、子供にスマホデビューを許した親が「できること・できないこと」を理解しておくと良いと思います。

関連 スマホ依存症、【22の対策】とは?

まずは、子供のことを第一に考えたスマホ依存の判断ができるようにしましょう。スマホを持っていて、依存するような兆候がみられたら、それは子供に悪影響であることを十分に認識し、そうならないようにきちんとしたルール作りが必要です。ルール作りに役に立つアプリもあります。例えば、使用できる時間を設定できるアプリや、使用した時間をアプリ別に記録できる管理アプリもあります。

スマホの存在があるから、子どもが気軽に友達と連絡を取り合って、誰かとつながれることができることも事実ですし、親はそれを良くも悪くも認識しておくことが大事です。スマホは便利なツールですが、使い方によっては子どもの成長に悪い影響を与えることもありますし、スマホへの依存がクセになる可能性もあります。便利なツールはその導入段階でも、ルールを作り、家庭で徹底することが必要です。

親としてはきちんと見守ることはもちろんですが、いつでもルールを把握し、スマホに依存しない方法を模索することが求められるわけです。

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

タイトルとURLをコピーしました