子どものスマホ依存が心配なら運動を習慣にすることで克服しよう

スポンサーリンク

子どものスマホ依存が心配なら運動を習慣にすることで克服しよう

子どものスマホ依存が心配なら運動を習慣にすることで克服すべき理由

子どものスマホ依存が心配なら運動を習慣にすることで克服すべき理由は、運動不足の場合、子どもの脳の使い方が変わり、脳の機能そのものが低下してしまうからです。つまり、体を動かすなどの単純な活動よりも、ネットやSNSの情報にふりまわされて脳をフル稼働させることに時間が使われ、脳が過労してしまい、脳の使い方が変わってしまうのです。

スマホ依存の原因としては、子どもだけのときほど、子どもらしくないスマホの使い方をしてしまうということもあります。スマホには子どもの遊びなど、さまざまな面白いアプリがたくさんあります。画面をタップするだけの簡単操作が逆に脳に刺激となり、スマホを使う時間が長くなってしまいがちなのが実際のところです。子どもがスマホを触っている時間があるとわかったら、短い時間でも構わないので一緒に運動する時間を確保することが大切です。

関連 スマホ依存を克服する方法【22選】

ただし、スマホのゲームには、操作が簡単でいつでもどこでも楽しむことができるなど、利便性も魅力もあります。親が頭ごなしに「禁止!」とするよりも、運動を習慣にすることで自然と「スマホ依存」が解消される方がうまくいくことが多いです。

特に、スマホ依存してしまうと、極端に朝が弱くなります。朝スッキリ起きて生活リズムを整え、良い習慣を身につけることで「依存」からの立ち直りも早いと言われています。

進化した目覚まし時計 睡眠を効率化する 睡眠リズム照明 トトノエライト

子どものスマホ依存が心配なら運動を習慣にすることで克服すべきという考え方のメリット

子どものスマホ依存が心配なら運動を習慣にすることで克服すべきという考え方のメリットは、スマホに縛られない生活を送ることができる点です。スマホは便利ですが、使わなくなるとすぐに情報が入ってこなくなったり、SNSやメールがスムーズにできなかったりと、不便を感じることが多いでしょう。そうなるとスマホをなくすことが不安になったり、スマホへの依存が疑われるようになる恐れもあります。

関連 どうすればスマホ依存を克服できるか?

そうなると、スマホの電源を切らなければ、スマホに縛られた生活を続けなければなりません。スマホやパソコンを使わないとできないことが存在するなら、それは習慣にした方が楽です。

スマホ依存の治し方には、スマホを使わない生活を実践する「スマホを使わない日」を設けたり、スマホをいじらないようにしたりする方法がありますが、これらよりも簡単で確実な方法があります。それが習慣化すれば、スマホに縛られることがなくなります。もっとも良いのが運動の習慣です。

スマホの電源をつけたままでも、スマホを触らないのであれば、スマホがなくて不便とか困ることはないでしょう。もしかしたら、単なる気持ちの問題だったのかもしれませんよね。スマホがなくても生活できることを実感すれば、自然とスマホへの依存度は減ります。

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

タイトルとURLをコピーしました