子供の料理のお手伝い。ケガをしない工夫5つ。

料理を教えることは、行きていく上で「大切なカリキュラム」。

中学生・高校生は、料理の時間がとれないので、「小学生から」がお薦め!

始めたばかりの料理体験で、子供が「けが」をしない工夫について。

料理で「けが」をしない工夫

野菜を洗う

ケガの心配がなくてOK。但し、トゲがある食材は注意(ナス・おくら等)。

野菜の皮むき

ピーラーを使えばOK。但し、滑りやすい食材、小さい食材は要注意。

野菜のカット・やわらかい食材のカット

テーブルナイフを使えば便利。使いやすい子供用のキッチンセットもアリ。

盛り付け

料理の仕上げとなる盛り付けは、楽しいお手伝いです。熱いものには注意。

食後の片付け

食後、食器を「流し」に運ぶまで。洗い物は自分用、割れない物を中心に。

子供用のキッチンツール

子供用のキッチンツールは、使いやすいだけではありません。

プレゼントにも最適

感想

家庭科の宿題が出て、それをキッカケに料理の練習をはじめました。

危なくないか注意はしますが、やる気を重視して、できることは任せます。

たまに、休日の朝、サンドイッチやハンバーガーなど簡単な朝食を作ってくれます。

週末は、夜ゴハンを一緒に料理を作ることが多いです。

https://xn--365-nb4b301tu46b.com/wp-content/uploads/2021/04/mama_san.jpg
ママ

子供と作ったご飯、みんなで食べると、なぜか美味しいわ〜

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP