子どもが勉強しない!時代の流れにあった教育とは?

子育ての悩みを解決!おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

時代の流れにあった教育を行う

時代の流れにあった教育を行うという考え方

時代の流れにあった教育を行うということは、子どもたちが先生たちや保護者の言うとおりにするのではなく、自分で考え、自分自身で自分の世界を築いていけるよう、教師は子どもたち一人ひとりの子どもとしっかり向き合うことが強く求められます。

その一方で、教師たち自身で子どもたちの自発性を引き出すための教育を行っていくことも非常に大切なことです。これらは、教師一人ひとりの意識改革にとどまらず、教育現場全体を変えていく必要があると強く感じています。そして、その取り組みを支援していくことも重要なことと考えています。

時代の流れにあった教育のオススメの方法

時代の流れにあった教育のオススメの方法は、教育学や学際的な哲学を使って学ぶということでしょう。そうすることにより、人々の教育現場での取り組みや実践をよりよいものへと進めるのです。

それにより教育者の力量向上や、教育に対する市民の考え方の変化も促すことができます。つまり、システムを変えることによって、結果として教育現場を変えていくのです。

教育というのは、もともとシステムが動き始めたら、あとはそれに合わせて進んでいくものです。システムが変わるためには大きな力が必要なのです。ですから、それは、教育論とか哲学、あるいは宗教学といった、社会全体を考えていく学問の力が必要となってきます。それに柔軟に対応し、教育現場で何が求められているのかを観察することから教育改革は始まっていくのです。

また、そういう問題を含んだときにこそ、現代の複雑な社会的状況が見えてくるものです。いま、教育の現場で何が起きているのか、それを見ることを通じて、様々な角度から社会的問題を分析していく基礎を作ることができるのです。そしてまた、そこから新たな実践を展開していくことも可能なわけです。

時代の流れにあった教育がわからない場合の対処法

時代の流れにあった教育とはどういうことか?そう悩んでしまった場合は、まず「自分が習得した教育」よりも上を行く教育を受け、新しい教育を把握する手がかりを探す必要があるかもしれません。

新しい知識を得ることができれば、自分の中にあった知識を捨て去る必要がありますし、新しい分野を学ぶ場合は一から理解しなければなりません。

しかし現代では、インターネットですぐさま調べられる環境が整っているため、以前の記憶と結びつかない知識でも、自然と身につけることが可能です。

例えば、現代では大学院や大学受験時に、統計学やプログラミングなど新しく学ぶことが多いでしょう。またビジネスマンであれば、管理職を任された際、部下の指導という新しいフィールドが生まれることになります。

このように新しい知識や技術は「時代の流れ」にあわせて、どんどん習得しなくてはならない場合があるため、自身やコミュニティの成長スピードを加速させようと思ったら、「外部の人」から指導を受けたほうが、効率的に教育を受けることができます。

このような、「柔軟な考え方」や「多様な学び方」を認めたり・取り入れたりすること自体が、「時代にあった教育」と言えるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました