少子化時代の子育てと教育

子育ての悩みを解決!おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

少子化時代の子育てと教育

少子化時代の子育てという考え方

少子化時代の子育てという考え方は、単に子供を社会の宝としながら育てるのではなく、子供を持つ、持たないにかかわらず、全ての国民が等しく、ひとしく、その恩恵を等しく受けることができる政策でなければなりません。

少子化の進行を食いとめ、全ての国民が、ひとしく、その恩恵を等しく受けられるようにするためには、子供を持とうか、持たぬか、育てるか、生まないかなど、結婚・出産に関する個人的な選択に国が介入することは、むしろ女性の自立を妨げ、少子化を促進することになります。

夫婦が共に働きやすい雇用環境の整備や子育ての経済的支援、就労支援など、男女が共に社会参加できる環境の整備に加え、男女とも職業生活と家庭生活との両立がしやすくなる環境を整えることが何よりも大切です。

これらを通じて、社会の環境を整えること、男女が共に働きやすい環境にすること、社会全体で子育てを支援するという環境整備が必要であり、国が、家庭での女性や父親としての役割を強調したり、肩代わりしたりすることは望ましくないと考えます。

少子化時代の子育て・教育という問題は、ここの家庭で考えると同時に、社会全体でこれからもかんがえていかなければいけない大きな課題だと考えています。

タイトルとURLをコピーしました