親が本を読む

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

親が本を読む

親が本を読むと子どもも本を読むという考え方

親が本を読むと子どもも本を読むという考え方は、最近、NHKが始めた取り組みだが、最近では、テレビで見かけることが多くなってきた。この番組では、親に読書を勧めるさまざまな方法を取り上げているが、要は、親が子どもに関心を持ち続けること、親が毎日を送っていれば、自然と子どもに興味を持つきっかけが生まれ、子どもにも関心が生まれる。

また、子どもが興味を示せば、本に読ませてみようと思う。子どもに関心を持つこと、これが一番大事なことなのかもしれない。著者は、図書館の選書委員を務めているので、その感想、推薦文、自薦本などについては、すでに紹介した。

選書は、編集や検閲に関係するので、必ずしも理想論ばかりではなく、現実はなかなか厳しく、一知半解で勝手に自薦することは望ましくない、ということも当然であろう。そこで、今回は、図書館の選書の参考、また、本を読んだあと、子どもにどのように反応させて行くのかについての参考にするということで、どのような点で子どもを図書館に向かわせるのかを、参考意見として掲載することにする。

子どもがあまり本を読まない場合

子どもがあまり本を読まない場合は、お友だちに絵本の読み聞かせをしてくれたり、物語を聞いてもらったりと、好きなことを一緒にして、親子のコミュニケーションを図っていけるといいですね。朝の会や帰りの会のような朝の習慣にするのもいいかもしれません。

言葉のシャワーも大切です。お話も絵もゆっくりしっかり読んであげましょう。声に出して読みながら、子どもは自分の中の言葉で言葉を紡いでいきます。親が一方的に話さず、できるだけ聞き手に回ることも大事です。また、親同士がおしゃべりをしたくなるような場面をつくって、コミュニケーションをとることも重要です。

こうした自然に親しむような生活を心がけていくと、子どもは内面の成長をだんだん実感できるようになっていきます。子どもの内面の成長を、親や先生たちも実感しながら、また同時に保護者同士もおしゃべりを通じてつながり合いが芽生えてくるといいですね。

地域とのつながりやいろいろな場での交流の場面で、親も子もつながりを深めていけるといいですね。子育て世代のお母さんや父母も、自分の周りにいる人とのつながりや地域のつながりを大切にしていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました