親が勉強をサポートする

スポンサーリンク

子育ての悩み解決! おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

親が勉強をサポートする

親が勉強をサポートするという考え方

親が勉強をサポートするという考え方は、素晴らしいことです。

けれども、勉強が苦手な子どもに対しては、きちんと勉強するという学習習慣を身につけるまで、親がそばにずっと付いていたいと思っているのではないでしょうか?それを親の判断で子どもの間に入ってやろうとすると、かえって子どもは学習から遠ざかるかもしれません。

 勉強は、学校の授業をきちんと聞くことが大事です。たとえば、学校の授業がわからなくても、友だちと遊んだり、部活動をしたり、テレビを見たりするほうが楽しいと思います。学校生活を楽しく過ごせるのは結構なことですが、基礎的な学力がいつまでも身につかないと、親としては心配になってしまいます。

子どもの気持ちは理解しすぎるのは、よくない場合もあるかもしれません。

親としては、子どものやる気が十分でない場合、手助けが必要だと思っています。時には、宿題の提出を手伝ってあげることもあります。でも、勉強のサポートは、子どもが自分でやる気になるのを待つのが一番だと思います。

無理に勉強をさせるのではなく、自然に学習できるような環境を作ってあげることです。そのうち子どもが自分から勉強したいと思うようになります。

親が勉強をサポートするオススメの方法

親が勉強をサポートするオススメの方法は、普段の生活の中で学習する方法を体験させることです。

自分の机や座る環境、そして勉強している自分の姿を認めてもらい、少しずつ勉強のやる気を引き出してあげるのです。

学習の習慣が身に付き、成績が向上することを親が応援してあげましょう。もしお子さんの勉強する姿を見てやる気が出ないなら、子どもの興味・関心のある事を体験させたり、勉強以外に夢中になれる事を見つけたり、親子で一緒に何かを始めるなど、様々なアプローチをしていきましょう。

子どもが勉強に慣れてきたら、少し勉強のサポートを手助けしてあげると、より意欲的に勉強に取り組めるでしょう。そして自分一人で勉強するタイミングを自ら作り出せるようにサポートしてあげてください。

サポートポイントは、次の3つです。

○少しでも勉強している我が子を認める

○サポートポイントを教える

○子どもが勉強を頑張っていることを認める

サポートするタイミングは、子どもの学力・性格・家庭の環境など様々な要素に左右されますので、勉強を開始するタイミングや方法については、具体的な時期は保護者の方が考える必要があります。

親が勉強をサポートする時間を確保できない場合

親が勉強をサポートする時間を確保できない場合は、無理をせずに家庭教師を頼むのも良い方法です。

家庭教師に来てもらう場合、授業の開始前に親子で話し合って、家庭の学習タイムや学習内容を調整しましょう。家庭教師センターに相談すれば、その家庭の利用状況や予定に合わせて、スケジュール調整をしてくれるので、学習の面はもちろん、他の家庭とのかかわりも心配する必要がありません。

家庭教師派遣会社に相談をすれば、そのご家庭での学習方法やペースを丁寧にヒアリングを行い、学習方法の決め方や、学習のスケジュールの立て方、子どものやる気を引き出す方法を一緒に考えることができます。

タイトルとURLをコピーしました