苦手科目の克服方法

スポンサーリンク

子育ての悩みを解決!おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

苦手科目の克服方法

苦手科目を克服するために親がサポートするという考え方

苦手科目を克服するために親がサポートするという考え方は、多くの家庭で実際に取り入れられています。そのため、苦手科目を克服するためのポイントとして「勉強が楽になる」ということが取り上げられています。

たとえば、親自身が受験勉強のために取り組んだ場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか。子どもと同じように学校や塾で勉強している場合には、復習を個別に手がける必要があるため、ついつい子ども以上に頑張りすぎてしまう場合があります。

しかし、無理に頑張っても長続きせず、時間の使い方が上手くできなくなってしまうなどの弊害が起こってしまいます。特に小さい子どもにとっては、その点が非常に大きな問題になるでしょう。

しかし、親が勉強のために取り組む場合には、親がサポートするからこそ、子どもが自分で課題を見つけ、少しずつ集中して勉強を進められるようになります。わからないことをすぐに質問できるというメリットもあるため、わからない部分がすぐに出てきても、そこを克服する時間が効率良く取れるため、苦手科目を克服するというプロセスもスムーズに進むようになるのです。

このように、親がサポートすることで、子ども自身が苦手科目を克服して達成感を得られるという点が、親子で勉強するというメリットだと言えるでしょう。

苦手科目でテストの手数がとれない場合の対処方法

苦手科目でテストの手数がとれない場合の対処方法は、まずは「得意科目」と同じペースでテスト勉強を始めることです。それができない場合は、できる科目を完璧にしておきます。できる内容から始めることで、「これならできる!」と達成感を感じることがテストへのモチベーションアップにつながります。

テスト直前ではなく余裕を持ってテスト勉強を始めるので、テストの直前にあわてることもありません。普段のテスト対策からしっかりしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました