子どものやる気を引き出す

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どものやる気を引き出す

子どものやる気を引き出すために

子どものやる気を引き出すためには、子どもが一番信頼しているパパがどのように取り組んでいるのかを子どもから見て学ぶのが一番よい方法です。そしてまた、パパの仕事の仕方を見て、母親も具体的に自分にできることは何かを考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、パパが子育てに参加する姿は、決して親子に悪影響を与えるものではありません。仕事と同様に家庭においても子どもの教育には情熱や信念を貫き、妥協しない必要があります。

社会への意義深い貢献が求められる職業でもあるため、家庭における父親の存在も重要だと言えます。そこで、子育てにおいて自分ができることを事前に考えておけば、子育てに情熱を持って、もっと献身的に子育てに参加することができますし、実際の子育てにおいても仕事と同様、やり抜くことができるのです。

このような思いを持つのも、父親としての姿のひとつです。子どもにとって尊敬される父親であるためには、子どもに何をしてあげるかを明確にし、自ら実践することが必要なのです。

そこで、子育てで自分にできることを考えてみましょう。まずひとつ目は、毎日育児の中でやってあげたいことを子どもと話し合います。

子どものやる気がない場合

子どものやる気がない場合は、宿題したり学んでいる様子を見守りながら、できることから一緒に学習していきましょう。その場合、本人が能動的にやっているかも重要です。

一方、自閉症スペクトラムの子どもは、やってはいけないことがわかっているのにやってしまったり、思い込みや親などの”特別な人の期待”などから、同じことをくり返してしまったりします。行動療法の専門家にとっては、とても納得がいくことですが、自閉症スペクトラムの子どもにとってはその結果学習が手詰まりになってしまうことがあります。

そんなときは、”教えすぎない”ことを覚えておいてください。できないからやっていると自己認識している子どもにとっては、他の人に手伝ってもらったり、”自分はできないのだ”という事実が受け入れられるようになり、他者のアプローチによって”できないことができるようになる”ことを体験する中で成長を促していきます。

そのほうが、本人の自信につながり、その先につながりやすいのです。授業参観や懇談会の後の懇談で、子どもに「先生、今日も上手にできたね。」と子ども自身評価させるのではなく、「今日も○○ちゃんは、いろいろなことができるようになりましたね。

タイトルとURLをコピーしました