アニメや映画などの娯楽を勉強に活かす

スポンサーリンク

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

アニメや映画などの娯楽を勉強に活かす

アニメや映画などの娯楽を勉強に活かすという考え方

アニメや映画などの娯楽を勉強に活かすという考え方は、日本の高校生にも浸透してきています。高校生が部活動などを通じて、キャラクターになりきって作品に参加し、観客と共有する機会を持つことも珍しくありません。

他にもアニメや小説を原作とした舞台やドラマなど、芸術に触れる機会が非常に増えてきました。インターネットやスマートフォンの普及で、アニメや映画のファン同士がコミュニティを通して交流することも可能となりました。

このように現代においては「芸術作品に触れる」という機会は数多く存在しています。アニメを学ぶ最大のメリットは、幅広い知識を同時に得られるということです。

作品には多くの美術、文学的な素養が盛り込まれています。音楽や小説のように文学性も高く、加えて絵画や彫刻やインスタレーションなど、様々な作品を鑑賞することができます。

美術の素材や文学の世界観に親しむことで、作品の理解が深まることもあるでしょう。映像作品であれば、より効果的に作品を楽しめるかもしれません。芸術の領域にも精通すれば、鑑賞の幅もぐっと広がるはずです。

アニメや映画などを勉強に活かすオススメの方法

アニメや映画などを勉強に活かすオススメの方法は、ドラマや映画を録画し、繰り返し見て、セリフを覚えていくことです。細かい文法を覚えなくても、セリフをしっかり覚えてしまえば、かなりの確率で海外ドラマや映画、アニメがリスニングに活きます。

それだけでなく、細かい文法やボキャブラリーについて、後から復習することができますので、暗記が苦になりません。逆に、知らない単語や文法があると、そこで理解が途切れてしまって、リスニングの勉強自体が嫌いになってしまいますが、そういう意味でも、細かく覚えなくても良いフレーズやボキャブラリーが増えてしまうことは嬉しいことです。

また、海外ドラマや映画ではよく、よく使う表現を耳にすることができますので、飽きることなく繰り返し見て、復習することができます。海外ドラマのセリフを記憶することで、リスニングとライティングの両方のスキルに活かすことができますので、是非この機会に、海外ドラマや映画をどんどん見て、いろんな表現を学んでいってください。

ここでは、特にオススメの海外ドラマや映画をいくつかご紹介します。まずは、日本で人気の恋愛ドラマ「OUT」です。

アニメや映画以外で勉強を楽しくする方法

アニメや映画以外で勉強を楽しくする方法は、学生本人が工夫して設定をつくること。つまり、自主的に勉強する習慣を身に付けることが一番大事ですよって話です。

その具体例として、「ゲーミフィケーションを取り入れた勉強方法」をご紹介しましょう。勉強にゲーム性があるかどうかは別の議論ですが、いわゆる”課外学習”としての勉強と「ゲーム性を盛り込む勉強方法」を混ぜると、学生さんが勉強に対する意識が大きく変わるんじゃないかなと期待しているんです。

そもそもこの仕組み、勉強が嫌いだけどゲームが好きだからやりたいって子供が勉強にうちこんだことからヒントをもらっています。 課題に取り組む際には、何かしらのルールを決めるように働きかけることが一般的です。

例えば、事前に調べたことの内容や数値をしっかり覚えておくよう指示したり、問題文に対してキーワードを使って考察するように促したりと、工夫はいろいろできると思います。でも、いくら工夫をしてみても、勉強のヤル気が起きないのは無理もありません。

特に普段から学業に打ち込んできていないと、それはもう無言の圧力です。

タイトルとURLをコピーしました