子どもの不登校〜お父さんはどう対応すべきか

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜お父さんはどう対応すべきか

子どもの不登校でお父さんの態度を見直そうと考えた場合

子どもの不登校でお父さんの態度を見直そうと考えた場合は、不登校の子供の親がどんなものを見ているかしっかりと把握しておきましょう。子供の態度がひどい場合や、不登校の期間が長くなるにつれて子供は親に暴言を吐くようになってしまうことがあります。また不登校児は何に対してもやる気を持たないことが多く、何を言っても嫌がることは避けられません。

お父さんに子供の様子を見てほしいと言っても、簡単に外に出るようなことはないので、どのような場面も把握することができます。不登校でお父さんの態度を悪化させてしまった場合は、そのようなことを理解して、また一緒に過ごせるようになった時にためになるような内容を話し合うと良いでしょう。

喧嘩になるのが一番悪いので、子供のことをとてもよく理解しているから余計なことを言うなと叱ってくれるお父さんもいますので、そのようなことも事前に確認してどのような対応が出来るのか相談しておくと良いでしょう。また、子供はもともと不登校になりたがる傾向があるので、そのこともお父さんに教えておくと、子供としても親の対応次第で不登校になるかもしれないという気持ちを持って生活を送ることができます。

子どもの不登校でお父さんの態度を見直そうと考えた場合に家族でできること

子どもの不登校でお父さんの態度を見直そうと考えた場合に家族でできることは、どちらが悪いということがありません。子どもの不登校がきっかけになって家庭内で色々なことが起きていると思いますので、まずは大人が関係をリセットして新しい関係を構築するための方法を模索します。多くの場合において、子どもが学校で不登校になってしまったことがきっかけになっていると思うので、家庭で子どもを元の元気な子どもに戻したいと考えることは自然なことだと思います。

ただし、子どもが元気が無いからといって慌てて学校へ行かせようとしても子どもにとって良い状況にはならないので、注意が必要です。子供はまだ成長過程にいます。

そのため、子どもが不登校になってしまう背景には色々な理由が考えられます。学校へ行けていない子どもの多くは、学校を休んでいいと親に言われたということで不登校になっています。本当は学校で友達と遊びたいし勉強も頑張りたいという気持ちなのに不登校になっている可能性もあります。

そして、子どもが学校へ行きたがらない場合には、原因が沢山あるのでどの理由が子どもにあるのかということは大人が判断することは不可能です。いろいろな状況を見ているうちに子どもが学校や家庭で何を不安に思っているのかが分かってくるので、色々な視点から見ていきます。

子どもの不登校でお父さんの態度を見直そうと考えた場合に家族でできることを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもの不登校でお父さんの態度を見直そうと考えた場合に家族でできることを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、家族だけで抱え込んだり、やり方の違いに敏感になったりすると、同じ話でも受け取る側の受け取り方は違っている場合もあり、また、コミュニケーションがうまくいかなくなることが考えられるためだ。こうした問題を抱えている父親を支援するためにさまざまな活動があり、ソーシャルメディアを駆使して活動している団体も多い。今一度、不登校について、親自身がどう考え、どう対応するのか、自分の家庭がどうなっているか改めて見直してみる必要があるのではないかと思う。

家族の中で、できるだけのことをしようと思い、不登校問題について支援グループに参加するなどして相談したり、お世話をしたりすると、自分が気づかないところで、問題自体が軽くなっていることもあるし、子ども自身も自分なりの対応を工夫し始めることもある。不登校をきっかけに家族との関係を見つめ直すチャンスであることもあると思う。

不登校児を抱える家族は、その子どもも多かれ少なかれ問題を抱えている場合が多いので、そうした気持ちを共有できる人とのコミュニケーションは効果抜群だ。

タイトルとURLをコピーしました