子どもの興味や関心に合わせて本を読ませる

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの興味や関心に合わせて本を読ませる

子どもの興味や関心に合わせて本を読ませるという考え方

子どもの興味や関心に合わせて本を読ませるという考え方は、親にとっての安心材料、保護者としての自信に繋がります。親が理解できたことを子どもにフィードバックすることで、子どもは自分自身で理解を深めていくことができ、同じテーマについて親子で話し合うきっかけとなります。

興味関心が高まったところで、「ここ、もうちょっと詳しく聞きたいな」というところがあれば、改めて参考書を読み進めたり、学校で勉強したりしましょう。親と子のコミュニケーションが自然と増え、保護者としての自信が付いてくるのです。

子どもたちが楽しく学べるようサポートしていきましょう。また、子どもが自分で勉強できるようになると、親子間のコミュニケーションも増えるため、お母さんお父さんも子どもも楽しめるようになるでしょう。読み聞かせは2歳以下からおこなうことができます。小さいうちから読んで聞かせてあげるようにしましょう。子どもは絵本の世界に入り込むことができ、大人では考えられない、一本の線の上を軽やかに進んでいくような、想像力豊かなものを読み聞かせることができるでしょう。

また、親子で絵本を楽しむ時間をとることで、子どもの理解力や想像力、親子の絆も深まっていきます。

子どもの興味や関心に合わせて本を読ませるオススメの方法

子どもの興味や関心に合わせて本を読ませるオススメの方法は、いくつかの興味を持つ分野の中から、いくつかピックアップして、1冊の本を読むこと。本を読むことにより、文章の内容や絵を見ることができ、いろいろな物事について学ぶことができます。

この時期の読書は、暗記力やひらめき力を育てることにもつながるため、ぜひ経験させておきたい教育法の一つです。 親から本を読んであげる場合でも、字が大きいものを少しずつ読み進めてあげると、興味を持続できます。まだ小さい場合は途中で寝ることがあるので、1ページにたくさんの挿絵が入っていない絵本がオススメです。

そして、自分で読むよりも、読んでもらった方がいいという子も中にはいるので、親が本を持って読んであげるのもいいでしょう。 また、実際に読むのではなくても、幼稚園や保育園で本を読んでもらって、自分も絵本に慣れておくこともおススメです。

図書館などで本を借りてきて、家では親が読んであげるという方法もあります。 自分が話したいことを読み聞かせのように話すこともあるので、何度も読んでほしいと言ってくれることもよくあるので、会話の練習にも活用できます。

子どもの興味や関心がわからない場合

子どもの興味や関心がわからない場合は、通信教材か塾か、まずはおうちでできること、時間をつくり、好きなことに挑戦してみましょう。習い事は親子で無理なく通えるところから始めます。通信教材でひととおりの学習を終えた場合は、興味がもっと増しているようであれば、塾などに通ってみるのもよいでしょう。

子どもが習い事や塾に通うことを親に許されている環境にいるなら、親も一緒にがんばって続けられるように、工夫して進めていきましょう。また、子どもの興味や関心はひとそれぞれなので、習い事に興味がわかない場合は、何か新しいことを挑戦してみるのもよいでしょう。

新しいことに挑戦すると、今まであまり関心がなかったことが、子どもの新たな発見や興味につながることがあります。子どもが興味や関心のあることを応援する気持ちで見守ってください。そうした経験を積むことで、子どもの才能がいろいろな分野に広がっていくこともあります。

子どもの心が揺れる気持ちに寄り添うことが肝心です。塾や習い事に興味があるのに子どもが応えてくれない、うちの子はほかの子と比べて偏差値が低めであるなどの問題が起こってしまうこともあります。

タイトルとURLをコピーしました