子どもの不登校〜自分のことを不甲斐ないと感じている場合

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜自分のことを不甲斐ないと感じている場合

子どもの不登校で子どもが自分のことを不甲斐ないと感じていると伝えてきた場合

子どもの不登校で子どもが自分のことを不甲斐ないと感じていると伝えてきた場合は、ぜひ「今まで学校に行ける日があることが当たり前ではなかった、学校に行けるようになるまで大変だったね、でもこれからは行けるようになったことに感謝して、行きたくないときは行けないこともOKだから安心してね。学校に行きたくないときは無理して行かなくていいんだよ」と声をかけてください。子どもが「学校に行けるようになった!」と言えば親まで学校に行きたくなってしまうこともありえますが、不登校になってからは子どもが学校に行ける状態ではなかったことが親の力ではどうにもならないことだったので、行けるようになって当たり前の状態になったこと、これから変わることができること、今までの自分はできなかったんだと捉えてほしいことを伝えてあげてください。

不登校になったことに後悔しているときに使うのは控えた方が良いですが、子どもが自信を持って明るく振舞っていると「あの子なら大丈夫だな」と親としても安心できるので、親は子どもを信じることが大切です。こう考えると子どもが「親不孝者だ」と言って不登校になるのも親のせいだと思ってしまうからでもあります。

子どもの不登校で子どもが自分のことを不甲斐ないと感じていると伝えてきた場合の親の対応

子どもの不登校で子どもが自分のことを不甲斐ないと感じていると伝えてきた場合の親の対応は、こちらを参考にしてみて下さい。とても為になる内容です。 — ひなちま URL この辺りを参考にしてください。 こういった事例の場合、多くの方は、ただ慰めてあげてくださいと言われるかと思いますが、その親は、自分が不甲斐ないと感じているということです。そして、娘さんには、子ども同士や、家族だけで話せと言うことでしょう。

今の親の心構えは、「子どもの問題なんだから、何を言われても、そんなことは関係ない。」こんな気持ちで、じっくり話を聞きましょう。

引きこもりの方の対応の仕方など参考にしてください。

子どもの不登校で子どもが自分のことを不甲斐ないと感じていると伝えてきた場合の親の対応を、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもの不登校で子どもが自分のことを不甲斐ないと感じていると伝えてきた場合の親の対応を、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、親の気持ちが軽くなるというだけではない。それどころか、子どもがよくなる可能性があるからだ。なお、親が不登校への対応でどんな気持ちになるかについては、「子どもの不登校 親の立場・子どもの立場」も参照していただきたい。不登校の我が子に「もう学校に行かなくてもいい」と伝える親不登校の子どもの気持ちを子どもが理解できるよう、こんなエピソードを考えてみるといい。

不登校の子は、本当は頑張って学校へ行きたかったのではないだろうか。この気持ちだけは、今、自分の中に大事にしまってほしい。

不登校になった子は、そのことで親に負担をかけたくないと思っているのではないのだろうか。子どもの気持ちを理解してあげて、気持ちを受け止めてあげることは、子どもに安心感を与え、子どもは安心して、学校に行けるようになる。子どもが学校に行けなくなり、親が追い詰められたり、がっかりしたりすることが、子どもの気持ちをよりいっそう傷つけてしまうようなことは避けなければならない。

タイトルとURLをコピーしました