スマホ依存の中学生がゲーム依存にもはまってしまう理由

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生がゲーム依存にもはまってしまう理由

スマホ依存の中学生がゲーム依存にもはまってしまう理由

スマホ依存の中学生がゲーム依存にもはまってしまう理由は、スマホを通してバーチャルな世界に入ってしまうから。ゲームによって現実世界の友達ができれば良いのですが、そうはいかないようです。 中学生は自分の限界と他者の限界が分かってないのか、他人にやたら厳しいです。

例えば、・俺ルールは他者の迷惑になるとか・なんで俺らがこんなことをしなきゃいけないんだとか ・俺はゲームが上手くないから下手なんだとか ・ゲームのプレイ時間はカウントされないんだから、下手だし関係ない、とか もう、他者が…大人たちにそんな事を言っても、無駄です。 中学生にどうこう言う前に、まず、大人はその時間をもう少し有意義に使ったほうが良いんじゃないですかね? 他者の邪魔になるような事をしたなら注意するのは分かります。

しかし、一緒に遊ぶのに邪魔になるのは、小学生以下だと思うんですよね。 ちゃんとルールは守ってくださいね。

私、小学生の時に、友達と鉄棒で遊んでいると、近所のご老人に「それは悪い事をしているから怒られるんだよ!」と注意された事があります。

スマホ依存の中学生がゲーム依存にもはまってしまう場合の対処法

スマホ依存の中学生がゲーム依存にもはまってしまう場合の対処法は、原因となっているゲームを没収することではなく、その原因となったゲームを親と協力して見つけだし、排除するということです。もし、ゲームに依存しているのではなく、勉強が嫌いなのだろうと思われる場合は、ゲームをする時間をテスト勉強や宿題の時間としてあげることによってゲームから距離を置くことができます。そして、親と協力して、ゲームのアプリをなるべくインストールさせないことで、ゲーム依存の状態から脱出することもできます。

もしも、親がゲーム依存状態であることを認識しているときは、勉強が嫌いでスマホを手放すことができないという一面を子どもに理解させる必要があります。子どもの依存心を克服するための予防策としては、ゲームの中に自分の好きなキャラクターを登場させないことや、友達と遊びやゲーム以外でつながっていけるツールを利用するというのも一つの手段です。

スマホを取り上げてしまうと、子どもがスマホ依存状態から抜け出すことは難しいでしょう。自分の子どもが親もスマホ依存状態だと気づいた場合は、他の子と同じように、勉強中におしゃべりできない、友達と遊びに行けないということを理解し、ゲームに依存し続けることは良くないことだと子どもにも注意してあげる必要があります。

タイトルとURLをコピーしました