スマホ依存の中学生が心の不調を訴えることが多くなる理由

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生が心の不調を訴えることが多くなる理由

スマホ依存の中学生が心の不調を訴えることが多くなる理由

スマホ依存の中学生が心の不調を訴えることが多くなる理由は、パソコンやスマートフォンを使う時間が長くなると自律神経のバランスが崩れるためです。自律神経は交感神経と副交感神経の2つが協調して働くことで、心身をコントロールします。交感神経が優位になると血圧が上昇し、心拍数も増加します。

交感神経が働いていると、視床下部にあるホルモン分泌を司る部分が出す信号がスムーズに送信されず、うつ病や自律神経失調症が発症するリスクが高まります。中高生のほとんどがスマートフォンやパソコンを使用する時間に比例して、うつ病を発症しやすく、偏頭痛や不眠症などを併発するリスクも上がります。偏頭痛や不眠症の対策をするためには、脳に酸素を行き渡らせることが大切です。

スマホの電源を切り、セロトニン増加につながる食材を摂取することが効果的です。セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸から作られる物質で、必須アミノ酸は肉類や牛乳・チーズなどの乳製品、大豆製品、ナッツ類などに含まれています。

スマホ依存の中学生が心の不調を訴えることが多くなった場合の対処法

スマホ依存の中学生が心の不調を訴えることが多くなった場合の対処法は、まずはスマホは1日1時間だけ使用し、それ以外のお昼寝や勉強の時間には、スマホを離して親子でじっくり話しあうことが大切です。親は、スマホについて子どもが誤解している「良くない使い方」の説明や「スマホを使いこなせるように導く」という観点から親がやるべきことを考えておきましょう。そして、スマホ依存を克服するためには、スマホの代わりに何か熱中できることや好きなことを見つけてほしいという親の本音も話しておいてほしいです。

ただダラダラとスマホやゲームばかりしていても、気持ちはすこやかになるはずがありません。スマホを今すぐ取上げられたくない、スマホを充電させたいばかりに早くゲームをしたいから今少し我慢しようなど親子でとことん話し合い、理解し合うことが大切です。

そして、どんなに大切なことがあっても、2時間や3時間で充電がなくなってしまうスマホを持たせながら、ゲームやマンガやDVDや本を読ませるのは、NGです。

タイトルとURLをコピーしました