中学生の不登校〜学校にいかない子どもはたくさんいる

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

中学生の不登校〜学校にいかない子どもはたくさんいる

中学生の不登校で学校にいかない子どもはたくさんいると知ることが大事な理由

中学生の不登校で学校にいかない子どもはたくさんいると知ることが大事な理由は、不登校になってしまった子どもに「明日は学校に行ってみよう」と思わせるにはどうすればよいか、を考えるためのヒントになるからです。そのためにも、不登校になった子どもの学校の状況や、不登校になった子どもの経験などを知ることは大事だと思います。子どもに不登校にならない道筋が見つけるために、不登校になった子どもの経験を知っておくのは、とても大切なことです。

子どもが経験したこと、そのことを伝えてくれた子について知っていくと、それを知る子どもたちが、不登校にならずに済む道筋を見つけやすくなると思うのです。子どもの経験は、不登校を考えているお母さんや学校に発信する機会を見つけるとよいと思います。

そして、先生を通して学校に子どもが何を感じているかを知っていくのもよいと思います。子どもが経験したさまざまなことを、私たちが子どもたちに伝えてくれているんだ、ということも知らせたくなります。

子どもの経験や思いを伝えることによって、子どもは「自分が何とかしなきゃ」と思いつくし、子どもから「学校に行きたい」という思いにつながることもあるでしょう。不登校になった子どもたちの経験を知ること、発信することは、大事だと思います。

中学生の不登校で学校にいかない子どもはたくさんいると知ることが大事ということ

中学生の不登校で学校にいかない子どもはたくさんいると知ることが大事ということは、自ずと、ついても、その子が不登校になっていない子もいろんな理由で学校に行けなくなっているとも考えられます。自ずと、その子たちにも、不登校でない人にも教育はできるということを想定してこそ、学習支援を具体化できるのではないでしょうか。不登校の子が学校になかなか行けないことは別にして、不登校でない子であっても、もちろん、「勉強に時間がかかる、集中できない」子、「塾など勉強を頑張りたいけどなかなか集中できない」子、「部活から疲れて帰宅してから勉強に集中できない」子、そういう子もたくさんいるのです。

その子の勉強のやり方、学習のペース、考え方、学ぶ方法、そういうことを見つけること、見出していくことこそが、その子たち一人ひとりに寄り添った教育につながっていくのではないでしょうか。その子に合った学び方をその子たちと相談しながら考えていくことだと思います。

それが、不登校の対応について、教員が一人ひとりの子どもと向き合うことです。

タイトルとURLをコピーしました