優越感と劣等感

優劣感や劣等感を気にしないという生き方

優劣感や劣等感を気にしないという生き方は、一見、素晴らしいことのように見えますが、人によってはコンプレックスを抱え込む原因ともなります。 例えば、「自分は女性にモテない」という劣等感を抱える人がいます。

優劣感や劣等感を気にしないのにオススメの方法

優劣感や劣等感を気にしないのにオススメの方法は、他人と自分を同一視しないことです。 人は、一人一人顔も体つきも言動も全く違う一点においてしか理解し合えない存在です。 他者とはそういうもの、他者と自分の比較からくる優劣感や劣等感を減らすことが、 他人と競争せずに自分らしく生きることに繋がります。

他人と自分を同一視しない考え方の一つに、「自分の考え方は変える必要はない、 他人の考え方の自由を尊重する」というのがあります。 「他人は他人。あなたはあなた。」という考え方です。 これだけでもかなり随分心が楽になると思います。 他人と自分は異なるということを受け入れると、 自分と他人の間の共感度も低くなります。

相手といかに分かり合おうとも、 相手はあなたの考えや気持ちをすべて理解できたと考える必要はないのです。 むしろ、その逆で、相手はあなたとは違う考え方で生きている、 自分は私の考えをわかってくれる、と思うことで、他人との壁が低くなります。

さらに、人間は生物的に異なるのです。

優劣感や劣等感が気になってしまう場合の対処法

優劣感や劣等感が気になってしまう場合の対処法は、もうひとつ、他人と自分を比較しないことです。人との比較をしているとき、頭の中は完全に相手の勝者か敗者かで占められています。

自分と他人とを見比べて、自分を貶めようとしている。だから、他人と自分を比べて落ち込んでいる時間が無駄で無意味。この思いはよ~くわかります。人より優位に立ちたい。比較されることによって優越感に浸りたい。

比較して負ければ、相手を貶めたい。でもね、その負の連鎖があなたのためになる事でしょうか?もしそれを続けていたら、あなたはどんどん損なわれます。負の連鎖はあなたの身も心も滅ぼしてしまう。だから、他人と比べない。自分を卑下しない。それを守るのが、自分や他人の長所を見つけて肯定すること。自分にしかない良いところを探している。いいじゃないですか!自分自身を知る事で、初めて他人に優しくなれます。

他人と比較したら負け。自分なんて・・・・なんて言っていたら、今のあなたは誰かの下にいることになっちゃう。

タイトルとURLをコピーしました