住宅ローン返済と教育費の両立に必要なことは?最初が肝心!共働き家庭の住宅購入で計画段階から気をつけるべきこと

共働き家庭は、家を建てるときにお金をかけすぎる傾向にあるそうです。実は、そのような家庭が注意しないといけないのは教育費

よくあるケースとしてこのような悩みがあります。

・共働きで生活水準が高めだが、中学受験などで教育費も高くなり、住宅ローンの返済と教育費確保の両立が難しくなってきた。
・出産を機に共働きの収入を合算して家を購入。しかし、出産・育児のあと共働きが難しくなり、ローンの返済と教育費確保が苦しくなってきた。
・共働きの収入をあてにして住宅購入。子育てと仕事の両立で、転職・パートへのシフトを検討したが収入激減。住宅ローンの返済と教育費に潰されそう。

「子どもが生まれた」ことをきっかけに家のことを考える人は多いと思いますが、住宅ローン返済のために子どもにやりたい事を我慢させたり、返済が苦しくなってせっかく購入したお家を手放すことになってしまっては、悲しすぎます。

このような苦しい状況に陥ってしまう原因ははっきりしています。

住宅購入を含めて「人生の3大支出」と言われている子供の教育費・老後の生活費を、住宅購入を考えたときの計画にしっかり組み込めてないからです。家を購入する世帯年齢は30代が中心で、子供がまだ幼く、確実に子供の高校・大学進学が重なるので、教育費を甘く考えていたら大変なことになります。大学への進学率も50%を超え、教育費は年々増加傾向にあります。今後は住宅ローン返済と教育費は合わせて考えておかないと厳しい現実に直面します。

でも安心して下さい。

住宅ローン返済と、いまや子ども1人に3000万円と言われる教育費を両立させる方法があります。まずは、教育費のピークに合わせて、計画的に行うべき「ある準備」を知って、早くからそれを意識して生活することです。そして、各家庭の状況に応じて、利用できる国の制度や公的・民間のサービスを利用しながら無理のない方法で対応していけば良いのです。これだけで、マイホーム購入後の教育費や老後の生活費のリスクに対して、より柔軟な対応をとることができるようになります。

「どうすれば、安心なマイホーム購入の方法を学べるの?」と思ったあなた。

子どもが小学生になる前に、家を買いたいと思ったら読む本」は、子どもの教育資金、老後の生活資金なども含めて家を買う計画を作れる本です。タイトルどおり「子供が小学生でこれから教育費もかかる、でも将来のために家を買いたいと思っている」世代にピッタリの内容です。

子どもが小学生になる前に、家を買いたいと思ったら読む本」の詳しい内容は、以下のリンクからチェックできます。住宅購入は人生最大の買い物の1つ。しかも、チャンスはほぼ1回で悩みも大きいです。そんなあなたの悩みの解決策の1つになればいいなと思っています!

子供が小学生になる前に、家を買いたいと思ったら読む本

そして、私も「将来、家を購入したい」と思っています。

実は、いままでも何度か検討する機会があって、ハウスメーカーの人や不動産業者の方に相談したりしてきました。しかし、子どもの出産や仕事の転職と重なったりして、なかなかチャンスを活かせなかったという経験があります。

我が家も共働きで、本書に書いてあるように、教育費と住宅ローンの返済の両立には少なからず不安を感じています。なぜなら、共働き家庭は収入が安定しているという面はありますが、なかなか節約が難しいという面もあるからです。

今回取り上げた子供の教育費については、進研ゼミのチャレンジタッチを使った家庭学習を行っているので、かなり節約できていると思います。進研ゼミのチャレンジタッチは、タッチパッドを使った最新の勉強方法です。子ども達がとても気に入っているので、親としても「手もかからず」「お金もたくさんかからず」でとても助かっています。

進研ゼミのチャレンジタッチでリビング学習

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

本書を参考にしつつ、教育資金を早目に準備したり、住宅ローンの返済と他の出費をあらかじめ計画に組み込んだりして、いつか理想のお家を手に入れられるといいな、と思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP