都会と地方の教育格差を考える

スポンサーリンク

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

都会と地方の教育格差を考える

都会と地方の教育格差という考え方

都会と地方の教育格差という考え方は、もっと広く受け止められるべきだと思う。 「私は都会が好きだから都会に居る」という人でも、地方出身者にとってみれば東京が「住むべき場所」でない、ということは少なくないと思う。

それは、家族や友達と離れて、生活の拠点を東京に置いて通勤に便利な電車の中だけで毎日を暮らすことに、納得がいかない人が多いということだと思う。 都会と地方、同じ時間を共有して、直接触れ合いたい。

だからこそ、地方出身者が都会に出てきて起業すると、 「地方には帰らないの?」と聞かれることも多い。 地方出身者の多くは、故郷、と言うことにアイデンティティを強く求める。 それは自然環境、自然、教育、文化など、その多くが人の精神的な環境から生まれ、それを人は自然に郷愁を感じ、郷愁があるからこそ、故郷に帰りたくなると思う。故郷というのは、他者の評価ではないと思う。

その土地が心の拠り所ということだと思う。地方の人の多くは、その小さなコミュニティーに入り、その地を愛する。

都会と地方の教育格差をなくすオススメの方法

都会と地方の教育格差をなくすオススメの方法は、地方で新しい教育モデルをつくり出すこと。そのモデルを地方の中小企業が実践することで、都会で教育を受けている子どもも田舎の学校に行きたくなる。実は、地方には子どもを育てる上での最適な環境が整っています。そして、そこに教育者を送り込むこと、つまり地方の中小企業の人材が都会の人材を教育することにより、地方と都会の教育格差をなくすことができます。

そして、その教育支援によって成果を上げることができれば、新たな産業として大きく育つ可能性を秘めています。だから、「地方創生」の中でも教育の役割は非常に大きいと考えています。同時に、そういう取り組みを中小企業が行いやすい土壌づくりにも取り組んでいます。

同時に、もっと制度的な支援もしていきたいと思っています。一つは、企業や地域の研修機関など、大企業との連携を積極的に行っていきます。例えば地元で新しい産業を起こすとき、例えば職人に弟子入りしたり、新しい分野での見習い期間が必要なとき、中小企業の研修制度を利用することはよくあります。

実はこの研修制度、非常に重要なのです。

地方で教育がうまくできない場合の対処法

地方で教育がうまくできない場合の対処法は、制度としてサポート体制を用意する。つまり、子供を転校させる。この地方で暮らしたくないというのなら、ここで子供を作らなければいいのである。

その地で暮らすのは子供を作らないからではないか?そんな考えをさせる様な指導をしているのではないだろうか。保護者も自分が住んでいいのはこんな所じゃないという気持ちになるのではないだろうか?転校も一時的な逃避場所かもしれないが、その後どうするかということも踏まえて考えてもらう必要もある。

その為に、サポート体制を設けるのであって、制度の問題ではなく、人心の問題ではないのか?ただ、高校や大学は、県の管轄なので、私立は面倒をみれないだろうが。県の対応も、転校させず、県外の大学に行かせるという方針なら問題になるだろうが。

個人の判断に任せるという方針なら、誰が考えてもここはダメだと思うだろう。せめて高校か大学かの選択ができればいい。それでも、地元で学びたい人が残っているというのなら、それはもうこの地の教育ができていないのではなく、転校先や、大学の選択が出来てないということになる。

タイトルとURLをコピーしました