子供が将来愛すべき仕事

子供が将来愛すべき仕事をみつける良い方法

子供が将来愛すべき仕事をみつける良い方法は、愛されるということを強く感じる仕事をしようということです。 親は子どもの幸せを願い、ときに厳しいことを言ったり、実際に自分の仕事に関係ないことをやらせたりすることもあります。

このようなときに、子どもは親が自分のために言ってくれるのだと考えます。 親の考えを理解し、親の気持ちに沿うことができれば、子どもは自分を認められるものだと思います。

小さいときには、自分を見つめることに慣れていないため、自分の存在は当たり前なんだと思い込んでしまう子どももいます。 例えば、他人の前に出たら、相手が自分を受け入れてくれないのではないかといつも不安になります。

あるとき、周りの子どもの遊びを見ていると、子どもは自分が受け入れられていると勘違いします。 いつも自分は怒られるから遊ばない、誰も遊んでくれなくていらいらしている、と考えてしまいます。

親の顔をみると、また怒られると思うと緊張してしまい、じっと口をつぐんでしまうのです。 こんなときは、「ママを見てごらん、ママはおもちゃを取り上げたことは一度もなくて、いつもどうしてるか見てるよ。大丈夫だよ。」 と言いながら、おもちゃをとり上げればよいのです。

タイトルとURLをコピーしました