教科書以外の教材を使ってみる

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

教科書以外の教材を使ってみる

教科書以外の教材を使って勉強するスタイル

教科書以外の教材を使って勉強するスタイルは、日本より発展して取り入れられた。教科書の記載内容を黒板で説明し、それに合うワークやプリントは市販品で購入することができる。

宿題となるプリントも市販の教材会社から販売されていることが多く、理解するまでとことん追究するといったスタイルだ。どちらのスタイルも一見、生徒の自主性や個性が発揮できそうに思える。

しかし実際に授業や宿題に一緒に取り組んでいくと、日本の授業で取り入れていることをそのまま持ち込んでいると気づくこともある。日本語と英語では言葉の持つ力が異なるため、日本と同じ進め方では理解できないことがあるのだ。

例えば教科書に記載されている文章をそのまま英語に訳していくと、日本流のものに改変して言おうとする生徒がいて、授業が混乱してしまうのだ。どの生徒にも同じ教科書を使い、同じ授業内容を、国が変わっても同じように進めていく日本のスタイルの方が生徒たちに合っているのかもしれない。

また、先生が生徒一人ひとりの進度に合わせた学習指導を行えているからこそ、全員が同じレベルの授業を受けることができる。ただ授業を受けるだけであれば、どの国も同じだ。

教科書以外の教材を使って勉強するオススメの方法

教科書以外の教材を使って勉強するオススメの方法は、市販の学習ドリルも役に立ちます。市販のものは、生徒が勉強しやすいように工夫されているため、検定テストを受ける前の使用もおすすめです。

検定テストの教科書は、検定に合格するように開発されているため、使いやすく、解く問題も検定テストとそっくりです。他の検定試験に挑戦する場合も同様です。検定対策用の教科書を見て、検定問題の傾向と解答を予想して、練習問題に取り組みましょう。

そうすることで検定試験でどのような問題が出るのかが明確になり、落ち着いて問題に取り組めるようになります。検定テストの本番前に検定対策用の検定教科書で練習問題をしておくと、不安なく試験が受けられ、自信を持って検定を受験することができます。

また、テキストや問題集の中に検定問題の類題が載っていないかチェックしておきましょう。模擬テストや検定テストを同じ出版社から出版していない検定試験では、市販の検定対策用の問題集を合否を左右する問題集として利用できます。

練習問題だけではなく、きちんと解説が載っている検定対策用の問題集で練習しておくと安心です。

タイトルとURLをコピーしました