小学生の不登校どうなる〜友達とのトラブルが原因?

子育ての悩み解決!おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜友達とのトラブルが原因?

子どもが友達とのトラブルが原因で不登校になった場合

子どもが友達とのトラブルが原因で不登校になった場合は、やはり親として、なんとか学校に行かせるように精一杯のサポートをすべきと考えますよね。しかし、それでも「無理かも」と思った場合は、無理やり登校させることなく、まずは家庭でお子さんと楽しく過ごすようにしてみてはいかがでしょうか。

ただ、それでも子どもの心の中では、学校に行かなくちゃ、なんで自分はこんなに苦しい思いをしなければならないんだ、という思いがあるかもしれません。その場合、不登校になった子の親子関係が大切なのではないかと思います。例えば、親が子どもに「お父さん・お母さんはいつでも味方だからね、一人じゃないよ。」と声をかける、というのも一つのやり方ではないでしょうか。

また、「こんなことで『人生がダメ』になると思わないで」という否定の言葉ではなく、「一歩を踏み出せば、世界はもっと楽しくなるから!」と新しい世界に勇気を持って一歩を踏み出すよう、希望が持てる言葉を使って促すのも大事ではないかと思います。

また、不登校の対応というのは、お子さんを学校に行かせようとする親御さんだけでなく、不登校の子どもに関わる家族みんなの問題だと思います。

ご両親の間でも「どうしていいか分からない」という、もどかしさ、行き詰まり感を感じる場面もあると思います。そういう場合は、問題を抱え込むほど、長期化したり・状況が悪化することもあります。気軽に、専門家や不登校解決の経験のあるアドバイザーに相談してみましょう。

子どもが友達とのトラブルで不登校に、専門家に早目に相談した方が良い理由

子どもが友達とのトラブルが原因で不登校になった場合、担任や専門家、スクールカウンセラーなどに早目に相談しましょう。

理由は、子どもに適切な対応を取るために早めに状況を見極める必要があるからです。実際に、子どもが早目に相談しやすい環境を整え、子ども自身や家族にも早めから対応方法を覚えてもらうことも大切です。学校で起こりうる児童生徒の様々なトラブルを、親にも早めに見極めてもらい、適切な対応の方法を知ってほしいからです。

具体的には、まずは落ち着いて子どもや周囲の児童生徒の様子をよく観察し、子どもたちに本当に気になる点があるかどうかを確認します。いじめや、いじめられているのではないけれども友達から嫌われている様子などがないかを確認したりします。他にも学校での子ども同士のトラブルと思われる場面を見たことがあるかどうか、家での親とのトラブルや行動なども子どもの友だちとのトラブルに繋がることがあります。

子どもに学校にまつわることで気になる点がないか、普段から子どもに聞く癖をつけておくと良いと思います。親が子どもとよくコミュニケーションをとるようにすると、何気ない日常会話の中で「こどもからのサイン」に気づけるようになるかもしれません。

専門家に相談すれば、このような具体的な解決方法をいろいろ教えてもらえます。もし、子どもが友達のトラブルで不登校になったり、子育てで困ったことがあれば気軽に相談してみましょう。

もう子育てを一人で悩まなくていい

タイトルとURLをコピーしました