小学生の不登校どうなる〜不登校の子は誰が面倒をみる

子育ての悩み解決!おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜不登校の子、誰が面倒をみる

子どもが不登校になった場合の子どもの受け皿

子どもが不登校になった場合の子どもの受け皿は、保護者にとっては存在価値が大きいですが、不登校の子どもにとっては、「大きすぎる」ことになります。結局のところ、学校復帰を願っているのであれば、不登校の受け皿は大きいほうがいいでしょう。

しかし、受け入れればすべてはうまくいき、学校復帰ができるのでしょうか。

現実は、そううまくはいきません。学校や教師、保護者が児童・生徒を追い込んでしまう結果になる場合が少なくありません。不登校が長期化すればするほど、学校側は児童・生徒とのかかわり方を工夫したり、児童・生徒の将来を考えます。

つまり「受け皿」を大きくすればするほど、児童・生徒から距離は離れ、最終的には向き合うことができず、「居場所」を放棄することになってしまうのです。

現在、多くの不登校の子どもたちがいることをふまえ、「不登校を本人のせいにしない」で、学校等以外の場で「ひきこもり」を解決していこうとする動きがあります。

もう子育ては一人で悩まなくていい

こちらの学校復帰の事例、参考になると思います。

タイトルとURLをコピーしました