小学生の不登校どうなる〜子どもが学校に通いたくなくなる意味

子育ての悩み解決!おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜子どもが学校に通いたくなくなる意味

子どもが学校に通いたくなくなる意味とそれから

子どもが「学校に通いたくなくなる」意味を理解するためには、ある意味で、学校というのは自由ではないのだな、という側面も理解する必要があるのです。

当たり前の話ではありますが、世の中すべての人が学校に通うわけではないし、親と子どもそれぞれが一人で自分の人生を生きているわけではない。親と子どもの関係はそれぞれの関係であり、社会とはいろいろな関係性があり、その中で人は生きていかなければならないのです。

ですから、学校に行きたくなくなったからといって学校から逃げることは簡単ですが、これは根本的な話としては間違いであるはずです。そうしないと生きていてはいけないと思うわけです。学校に抵抗できないまま社会へ飛び込んで、そこで人間関係に傷つき、社会になじめないまま何十年も生きていかなければならないとしたら、それはよほど理不尽な話ではないかと思うわけです。

すこし厳しい話だったかもしれませんが、これも現実です。そして、「学校にいく」には色んなやり方もあるし、「その他の方法」という選択肢もあります。

もし、「学校に通うこと」に悩んでいたら、専門家やアドバイザーに気軽に相談してみて下さい。同じような悩みを経験した人に体験談を聞いてみるのも良いと思います。

自分が想像しているのと違う世界が広がっているかもしれません。一人で悩まなくても良いのです。

相談:もう一人で悩まなくてもいい

タイトルとURLをコピーしました