一人の学びの時間を大切にする

スポンサーリンク

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの「一人の学びの時間」を大切にする

子どもの学びの時間を大切にするという考え方

子どもの学びの時間を大切にするという考え方は、その後、保護者に広がりました。教育現場ではその考えを受け継ぎ、子どもたち自身が自分を磨く時間を積極的に取り入れています。

教育現場と学童が、どのような価値を共有しているか知ることで、学童保育の在り方も見えてくるでしょう。ここでは、学校の先生と学童保育が密接にかかわっている理由、放課後の学びを支えるコミュニティについてお話します。

理想の学童とは? 放課後を大切にしたい。そんな学びの気持ちをサポートしているのが、放課後NPOアフタースクールです。

アフタースクールは、学校終了後の子どもの居場所づくりを目的とし、全国の学校を巡回しています。2008年には、全国62箇所を訪問しました。学校の特徴によって、学童保育に通う子の年齢もずいぶん違い、学童保育もさまざま。アフタースクールは、学校教育の延長上にある、一貫性のあるサービスを提案しています。

子どもの学びの時間を大切にするオススメの方法

子どもの学びの時間を大切にするオススメの方法は、子どもを中心にグループを作って、話し合いをしながら話し合いで解決することを経験させることで、社会性・協調性を養い、自立心を育むことでしょう。よく働く子どもが、学習面などにおいて充実する環境があれば、自立心も伸びてゆきます。是非、お子様の働く環境を考えて、子どもが充実した生活を送る事ができるよう、支援をしてゆきたいものです。

子どもが一人で勉強するのが苦手な場合

子どもが一人で勉強するのが苦手な場合は、答えを見ながら「×、〇」と書き込んでいきます。もちろん、間違えた問題だけやり直すことが可能です。

その際も、すぐに答えを見ながらやるのはNGです。間違えた問題は、決して丸暗記したりせず、きちんと問題文を把握しましょう。わかった問題は、すぐに次へ。

例えば、漢字の書き取りなど、わかっている問題はどんどん先に進んでいきましょう。子供の理解度に合わせて、効率よく勉強させることができます。

自分のペースで、好きな時に好きなだけ勉強できるのが、スマイルゼミのメリットですが、たまにはきちんと声を出して勉強することも大切です。口に出すことで、勉強するのが当たり前になるからです。

また、間違えた問題は自分で理解することも大切です。すぐ答えを見て解くのではなく、いったん自分で考えてから解きなおしましょう。

わからなければ、わかるまで先生を呼んで聞いてください。どんどん勉強することで、さらにいい点数がとれるようになり、自信がついてきます。

そして何より、がんばったという達成感を得て、勉強するのが楽しくなるのです。

タイトルとURLをコピーしました