子どもの不登校〜子どもが学校に行けないことを認めてみる

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜子どもが学校に行けないことを認めてみる

子どもの不登校で子どもが学校に行けないことを認めてみようと感じた場合

子どもの不登校で子どもが学校に行けないことを認めてみようと感じた場合は、まず学校側の言い分を考えてみるとよいでしょう。学校側は、子どもが不登校になった理由(起立性調節障害や発達障害など)を、認めようとしないでしょう。これを解決するのは、子どもが主体となった働きかけであり、学校側に聞く必要はありません。

子どもが不登校になった一番の理由は、学校や社会の側にあることが多いからです。学校への働きかけは、子どもが主体であり、子どもとの対話を実践します。

子どもの話をじっくり聞いて、その子が心を開いてきているかどうか、納得しているかどうかを確認してください。 学校側は教育方針を変えることなどできないかもしれませんが、子どもの気持ちに寄り添うようになると、子どもの気持ちがより理解できて、学校がどのようにあるべきか、子どもの声によく耳を傾けるようになるかもしれません。

ぜひ対話するようにしてください。 親や子どもの希望があれば、主治医(発達障害児の医療や教育に精通している医師)やカウンセラー、ソーシャルワーカー、ピアカウンセラーなどと一緒に学校に出かけて対話することができるでしょう。

子どもの不登校で子どもが学校に行けないことを認めてみようと感じた場合に親がすべきことを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもの不登校で子どもが学校に行けないことを認めてみようと感じた場合に親がすべきことを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、その方法ですと、子どもがなぜ学校に行けないかを親自身が理解することができるからです。実際に、不登校で悩んでいる子どもがネットを活用して不登校問題を自力で解決できたという話を耳にします。親が子どもの不登校を何とかしたいと思い、子どもを何とか学校に通わせようとしても子どもはなかなか学校に行くことはありません。

もちろん、子どもは学校に行きたい気持ちと気持ちが違うということもありますが、子どもはその原因が学校にあることを知っています。だからこそ、子どもは学校に行きたくないのです。

このような場合、親は子どもが学校に行けない理由を子どもに言わないでしょう。これは、親は子どもを学校に行かせようとする責任が重いという意識が強いために子どもが学校に行けない理由をかたくなに拒むようになります。しかし、不登校の子どもは学校に行けないことを隠して家庭内や学校で暴言を吐いたり、無視をしたり、怒鳴ったりなどの行動に出ます。

タイトルとURLをコピーしました