子どもの不登校〜学校に行かなくなった直後の対応

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜学校に行かなくなった直後の対応

子どもの不登校で学校に行かなくなった直後の対応

子どもの不登校で学校に行かなくなった直後の対応は、クラス全体に同じ悩みを抱え、そして自分の存在が当たり前のものなのだということを教えてくれます。そして、それをきっかけにもっと学校へ行きたくなる人がいたり、新しい出会いが待っているかもしれません。この学校の取り組みを見て一人でも多くの人が、自分の学校と同じように学校に行き、友達と遊び、学べるようになることを願わずにはいられません。

そして、僕達、関わりのある大人達も、我が子だけでなく自分の子のクラスの中の一員であることを忘れてはいけないと思います。最後に、この著書を出版した丹羽紗綾子先生、そしてこの本に載っている「あいゆうの食卓」にも載っている木下昌子先生の出版記念会に誘っていただき、貴重な体験をさせてもらいありがとうございました。

そして、改めて貴重な経験をさせていただいた小島一雄先生をはじめとして、全ての関係者に感謝します。ありがとうございました。

子どもの不登校で学校に行かなくなった直後の対応で親がすべきこと

子どもの不登校で学校に行かなくなった直後の対応で親がすべきことは、次の通りです。不登校の原因が何なのかを知ることも重要です。不登校の原因を自分自身で知り、その気持ちを理解してあげるだけでも、ずいぶん気持ちが楽になりますし、子ども自身が自分の気持ちを理解しようとするようになるでしょう。親が登校を促すだけではなく、本人自身が積極的に学校へ行くことを望んでいれば、必ずや解決します。

子どもがどうしてほしいのか、どうなってほしいのか、よく話し合う必要があります。子どもの話していることをよく聞いて、子どもの気持ちを考えながら、適切な判断が求められます。

その上で親が判断して子どもと一緒に学校へ行くことが大切なのです。学校へいかなくても高校卒業資格を取りたいと考えている子どもは多くいます。

不登校になったばかりの時期は、無理に学校へ通わせたり、通わせようとしたりするのはよくありません。どんな高校が合っているのか、自分は高校を卒業したらどのような進路に進みたいのかなど、親としては細かいところまで、考えたり聞いたりして、子どもと一緒に考えてあげなくてはいけません。

子どもの不登校で学校に行かなくなった直後の対応で親がすべきことを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもの不登校で学校に行かなくなった直後の対応で親がすべきことを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、以下のとおりです。 不登校になると、親はその場限りではなく、長期間にわたり子どもと向き合わなければなりません。ときには子どもにイライラをぶつけたり、子どもの心情の変化に翻弄され、気持ちが行き場を失い泣いてしまったりすることもあるかもしれません。

そのようなとき、相談できる人がいれば、気持ちの整理がつきます。 人に言えない悩みを、気軽に相談できるのはオンライン上の情報だけではありません。社会全体として、不登校の子どもの支援は進んでおり、そのような場としては、さまざまな団体が存在しています。

そして、オンライン上でのやりとりには限界がありますが、相手がどのような問題を抱えてどのような支援を必要としているかを知るには、やはり相談してみるのが一番早い方法だと考えています。 たとえほんの数分話しただけでも、子どもの抱えている問題・心情・気持ちを理解した上で、その子を理解しようとしてくれる人と話していると、その子の安心感が得られるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました