子どものスマホ依存が心配ならスクリーンタイムを設定することで克服しよう

スポンサーリンク

子どものスマホ依存が心配ならスクリーンタイムを設定することで克服しよう

子どものスマホ依存が心配ならスクリーンタイムを設定することで克服すべき理由

子どものスマホ依存が心配ならスクリーンタイムを設定することで克服すべき理由は、スマホを一度手放してみると、自分が思っている以上に気楽さを実感できるからです。テレビゲーム、ネットゲーム、SNS、YouTube、動画などは時間を忘れる感覚にさせるので、便利ではあるけれども、いつも使い過ぎてしまいます。

スマホを手放すと人間関係のストレスを経験するかも知れません。しかし、SNS疲れやスマホ認知症などの危険な側面があるように、スマホに依存してしまったり、SNSで多くの人とつながっているが故のストレスを抱えてしまうこともあります。

スクリーンタイムを設定すると、決められた時間(たとえば夕方まで)でしか、スマホを操作することができなくなります。必要なコミュニケーションはその時間までで終えるようにして、だらだらと使ってしまうことを回避することが簡単にできるようになります。日常生活であまり支障がでないように、解除の時間を朝早い時間に設定しておくと、スクリーンタイム内に届いた重要な連絡にも対応しやすくなります。よく連絡する人には使えない時間を伝えておくとか、ハンドルネームなどに使えない時間を明示しておくなど工夫すると良いです。

慣れるとスクリーンタイムを設定して使う方が、自分の生活リズムを崩さずに生活できるようになったり、面倒な人間関係やストレスに悩まされることも少なくなると思います。

スポンサーリンク

子どものスマホ依存が心配ならスクリーンタイムを設定することで克服すべきという考え方のポイント

子どものスマホ依存が心配ならスクリーンタイムを設定することで克服すべきという考え方のポイントは、子どもがだらだらスマホを長時間使用してしまわないように、アプリなどで制限ができ、とても便利に使っている方や、子供のアプリとの付き合い方をよく理解した上で、その子のために必要なアプリだけを使わせている人もいらっしゃいますが、まずは自分自身で体感してみて、効果があれば他の人にも勧めるという使い方をするが良いでしょう。

使い方はだんだん慣れてきますから、最初は、子どものストレスにならないか・生活に支障がないか等を確認しながら導入すべきです。どうしても必要な場合には、ロック解除機能などがありますから、例外操作もしっかり使えるように保護者が慣れておく必要があります。

自分の子ども達と一緒にスマートフォンの利用に関する使い方や話し合いなどもして、スマホのルールをしっかりと決めて、保護者がそのルールを理解した上で、利用制限をすることができます。

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

タイトルとURLをコピーしました