気持ちいい!自宅でできる子どもの目のケア

小学校1年生の次女の遠視がわかって、視力回復の方法や視力向上のためにできることをはじめています。

疲れ目は視力低下にもつながると言われています。目を休ませたり、目からくる眼精疲労をやわらげるなど、自宅でもできることを紹介したいと思います。

目の温熱療法とは?

目を温めると目の筋肉がほぐれて視力向上につながるという記事を読みました。

・目を温めることの効果を多くの実験で確認
・毎日就寝前に目を温めて目の調節力の低下を防止

市販の使い捨てカイロを水蒸気が出るように改良したアイマスクで、目の周りを10分間温めてもらいました。そして、ただ目を閉じただけの場合との比較を行いました。すると、目を温めることの効果が明らかに現れ、その効果は目を温めた直後はもちろん、90分後も持続していることがわかりました。

【出典】ケンカツ – 【視力を回復させる方法】蒸しタオルで目を温める 過矯正は眼精疲労の原因

毎日目を温めていれば、その効果は翌日まで持続して、夕方の目の疲れや視力の低下を防ぐことができるのです。

【出典】ケンカツ – 【視力を回復させる方法】蒸しタオルで目を温める 過矯正は眼精疲労の原因

簡単!子どもの目のケア

目の栄養補給

ビタミンAやビタミンB群が不足すると、目の疲れが生じることがあると言われています。

子ども用目薬は、「目の疲れ回復」や「目の栄養補給」を重視しました。

目を休ませる

子供達は使うとすぐに眠ってしまうので、ホットアイマスクでぐっすり快眠できているのかもしれません。

疲れた目の周りの筋肉を温めるとコリがほぐれてリラックスできて、身体の疲れもとれるような気がするのでよく使っています。

補足情報:コスパ重視 ホットアイマスクはネットで買おう

「使い捨てタイプ」の方が目の病気の感染リスクが小さいので、繰り返し使えるタイプはあまり扱わないお店があるようです。自宅使いで、自分専用なら繰り返し使える方がコスパが良いですよね。ネットなら確実です。

関連記事

[blogcard url=”https://xn--365-nb4b301tu46b.com/2019/05/25/kodomo_sisei_naosu/”]

視力低下の原因は姿勢の悪さにあるかもしれません。姿勢が悪いと、本を読んだり・勉強したりするときに、左右の目に距離の違いができて近視が進むことがあるそうです。また、手元が暗くなりがちで目の疲れの原因になります。姿勢を良くするだけで近視が改善することもあるそうです。

[blogcard url=”https://xn--365-nb4b301tu46b.com/2019/03/29/desk_light/”]

勉強の際、手元が暗いと目が疲れます。リビング学習デスクで勉強する子供達の手元の暗さが気になっていましたが、デスクライトを買ったら悩みが解決しました!Amazonでとても安く買えました!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP