耳とアゴの痛み 次女が学校を1週間休みました 子供の病気とホームケア

次女が、先週1週間、学校を休みました。やっと元気に登校をはじめました!

ある夜、急に「耳と顎の間が痛い」と言い始め、次の日の朝起きたら顔がパンパンにはれてました・・・。異変に気がついた日は休日でしたが、幸い、近くに休日も診てくれる病院があるので慌てて受診に行きました。病院につく頃には顔のはれもひいていたのですが、念の為にみてもらうことにしました。

診断結果は「おたふくかぜ」

病院での診断結果は、「おたふくかぜ」でした。病院の情報によると地域で流行り始めていたそうです。知らずに登校していたら、周りのお友達に伝染しまくるところでした・・・。

おたふくかぜには、特効薬がないそうで、痛みや熱がでたときのとんぷく薬をもらって帰りました。結局、症状は全体的に軽く、その後はひどい痛みも発熱もなく、無事に快方に向かいました。「長女にも伝染るのでは?」と心配したのですが、現在そのような様子はなく、ホッとしています。

子供の病気に関する知識

子供の病気はわかりにくい・・・。言葉で症状を訴えないこともあるので、気づくのが遅れてしまうこともあると思います。

困ったときに頼りになるのは、「子育て経験者」の知識です。友達や母親などに相談しながら乗り越えることができます。一方で、「子供がかかりやすい病気」についての知識があれば、初期対応で悩むことなく、症状を軽く抑えることができるかもしれないと感じることもあります。

インターネットで調べるのも便利ですが、健康や病気に関することは、もっと信頼できる情報源を持っている方が良いように感じます。

こどもがかかりやすい病気を知っておく

そんな思いを抱いていたとき、立ち寄った本屋さんで良い本をみつけました。症状や対処法・症状の写真での解説などがあって、わかりやすいと思いました。かかりやすい病気やうつる病気など、カテゴリ分けも使いやすそうです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP