【感動】子供のやる気を引き出すには?子育てコーチングで「できる!」と信じることから始めてみた。

あなたの「子供への考え方」を変えるだけで、子供が自ら勉強するようになる。 そんな日常を想像してみてください。

もしこんなことが起こったら、とっても嬉しくありませんか?

  • 勉強しなさいと言わなくても、自分から勉強するようになって成績アップ!
  • 怒らない子育てができる!
  • 子供が、自分で考えて行動できるようになった。「成長してる」と感じる!

あなたは、「子供は言わないとわからない」と思っているかもしれません。しかし、私達が子供を「できる」と信じれば、子供は必ず信じるに値する存在へと成長できるのです。

あなたに「子供のやる気を引き出す方法」さえあれば、子供の将来は大きく広がっていくはずです。いまの子育てで、そんな未来を呼び寄せることができますか?

今、「そんな子育てには自信がない」と思っていても大丈夫。
「子供のやる気を引き出す子育て」を簡単に実践できる方法があるんです。

まずは、日常の子育てで、絶対に必要な「たったひとつの前提条件」を知って、常にそれを意識して子供に接することです。そのうえで、「子育ての基本的な考え方」を学べば、あとは「どんな風にコミュニケーションをとればいいか」「やる気を引き出すためにどんな接し方がいいか」などの具体的な事例を、ひとつずつ自分の子育てにも取り入れていけば良いのです。

それだけで、あなたの「子育て」や「あなたと子供の関係」は劇的に変化するはずです!

「でも、どうやれば学べるの?」と思ったあなた。

子育てのための「コーチング」が教えてくれます。コーチングは、本来「個人の成長や組織の発展を後押しする指導法の1つ」ですが、子供の能力を引き出す子育てにとっても大切な考え方です。

「子供のやる気を引きだすには?」という、あなたのの悩みが解決されることを祈っています。

参考になるかわかりませんが、私たち家族の活用例を紹介します。

私達は共働き世帯なので、普段、あまり子供と一緒にいることができません。しかし、「子供の頑張りを評価したい」、「子供のやる気を引き出したい」という想いから、進研ゼミの小学講座でチャレンジタッチを家庭学習に導入しました。

子供一人でも勉強できるし、楽しんで学べるので、親子で気に入っています。特に、子供が勉強を頑張ったとき、親から励ましのメールを送れるのがとても良いです。仕事が忙しいときは、子供の勉強をみてあげれなくて寂しく感じてないかな?と心配もありましたが、子供から一生懸命に書いたメールの返事が届くこともあって、共働きでも親子のコミュニケーションがしっかりとれていると思います。

子供から届いたメール

進研ゼミのチャレンジタッチで勉強すると、子供のやる気が自然と引き出されるので、子育てコーチングとの相乗効果が高いように感じています。シンプルなやり方ですが、こういうシーンにも子育てコーチングが活かされていると思います。

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP