子どもの不登校〜刺激に敏感すぎて学校に行けない

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜刺激に敏感すぎて学校に行けない

子どもが周囲の刺激に敏感すぎて不登校になってしまった場合

子どもが周囲の刺激に敏感すぎて不登校になってしまった場合は、学校関係者と子どもの信頼関係が崩れていることも多いようです。まずは子どもが落ち着いて過ごせるように、学校関係者・周囲の保護者と連携を図り、学校へ行くためのきっかけを考えるところから始めます。カウンセラーがお子さまや保護者との信頼関係の修復に努め、不安や疑問をできる限り取り除けるように支援します。

学校や保護者が子どもを学校へ戻し、不登校を子どもと学校の問題として解決しても、もう一度子どもに戻すことはできません。そうならないように、不登校になった原因についても検討します。

その段階で子どもと保護者に学校に戻る方向で話し合いを持ってもらい、子どもが落ち着いて登校できる段階に学校側からも保護者に対しても促すなどして、少しずつでも学校に戻ることができたらよいと考えます。また不登校を経験していない子どもへの学校の対策へも、学校や地区などで話し合われたらよいでしょう。しかし、子どもや保護者の言い分ばかりを学校に伝えることは正しいことではありません。

子どもが元気に学校に通えるようになって、はじめて学校の協力が得られると考えます。

子どもが周囲の刺激に敏感すぎて不登校になってしまった場合の家庭での対応の仕方を、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもが周囲の刺激に敏感すぎて不登校になってしまった場合の家庭での対応の仕方を、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、こうした事情からだけではないのです。こうした家庭の問題を抱えた子どもたちや大人たちが引きこもっていると、子どもたちの「ひみつ基地」を作り、それを通じたやりとりが子どもたちには心地よく、親子の安心につながりやすいので、結果として「不登校」になってしまう子が出てくるのです。しかもこうした「ひきこもり」は長期化しやすいのが特徴です。

時間が経つほどに、家庭の中の状況を子どもたちは親が気がつかないような形で「ひみつ基地」で表現してしまうことが予想されます。学校へ行くことが不可能になったという深刻な問題を抱えた子どもたちも、実はこうした形で学校や周囲の人たちに傷ついた思いを背負わせてしまっているのではないかとも思えてきます。そうした子どもたちの気持ちをもっと考えていく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました