【歓喜】「算数が苦手」で困ってたから、毎朝30分あることを続けた、その結果!

子供の「算数が苦手」で困っていませんか?

  • 「いつも計算間違いをしてしまう」
  • 「簡単な計算なのに時間がかかる」
  • 「応用問題が苦手」

算数が苦手なまま放っておくと、学年が上がるたびに苦手意識が強くなり、成績が下がる原因になるかもしれません。

なぜなら、算数や数学という教科は、前に勉強したことを使いながら理解していく学問だからです。算数・数学は、点数で一番差がつきやすい教科なので将来の進学にも大きな影響を与えるかもしれないのです。

でも安心してください。算数の苦手を克服する簡単な方法があります。

まず、小学生の頃は、算数にはとにかく「計算力がものをいう」という前提を知って訓練することです。これだけでも、テストでの得点アップに効きます。考える問題もたしかに重要ですが、そもそも計算力がないとテスト中に考える時間の確保すら難しいからです。

「計算力を鍛える良い方法は?」と思ったあなた。

あまり時間をかけなくても解ける計算ドリルなどを毎朝15分〜30分、繰り返すのがオススメの方法です。学習習慣にもなって一石二鳥です。

このとき大事なのは、面倒くさいことは極力させないということです。ノートに問題を写したり、自分で添削をする、といった面倒なことは省くのが良いです。タブレット学習なら自動で添削できる機能がしっかり備わっています。

長女と次女は、進研ゼミのチャレンジタッチを使っています。自動の添削機能で勉強の煩わしさがほとんどありません。だからしっかり問題に集中できるみたいです。間違った問題も、解説がその場で表示されるので「きちんと理解するチャンス」を逃しません。

長女が、朝、登校前にチャレンジ タッチしてました。(国語)

続けた結果、苦手意識をもっていた算数で、実力診断テストで2回連続で満点をとれました!学校での勉強にも自信を持てるようになったようです。私も、長女も驚いています。

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP