【後悔あり】私もあのときやってたら…!ちょっとすごすぎる人の勉強法

え〜!偏差値95って、すごすぎない!
こんなスゴイ人の勉強法って、普通の人にも真似できるのかなぁ!?

いきなり、すみません。すごいタイトルの本に出会ってしまって、思わず声を上げてしまいました(汗)。

偏差値95の勉強法――頭のいい人が知っている「学びを自動化する技術」

この本を最初にアマゾンで見つけたとき、「自分の子供でも真似できるのかな?」とかなり興味津々になりました。

この本は、高校時代に33万人に一人と言われる偏差値95をマークし、京都大学経済学部に首席で合格した、粂原 圭太郎さんが書いた本です。よくテストで見かける偏差値でも、頭がイイと言われる人は偏差値70とか、すごくても80くらい(全体の0.1%!!)。著者の場合、そのはるか上の、偏差値95。どのくらい頭が良いのかまったく想像できません、本当に頭の良い人って、すごいんですね。

そんな著者がたどり着いた、最高の勉強法。

  • 知ればだれでも成績が上がる勉強法
  • すべての人を、没頭することで勉強がやめたくてもやめられない状態にする勉強法
  • 頭のいい人だけがやっている愉しく勉強を続ける方法

キーワードは「没頭」にあると説きます。この本の内容は「圧倒的ラクに勉強に没頭できるノウハウが満載!」となっています。

著者は、オンライン個別指導塾の代表講師として学生から社会人まで学習指導を行っていますが、これまで教えた受講生の95%が成績アップを実現したそうです。

  • 1か月でTOEIC550点から750点に
  • 1年で偏差値が35から70にアップし志望校に一発合格
  • 3か月で定期テスト200位から2位に浮上

具体的にこんな成果を上げている勉強法が、「簡単にできる勉強法」として紹介されているのだから驚きです。ほんと小さいころの自分に「こんな方法があるんだよ」と教えてあげることができれば、将来が変わったかもしれないなと思ってみたり(汗)。

偏差値95の勉強法――頭のいい人が知っている「学びを自動化する技術」の詳細は、こちらで確認できます!すごい勉強法、是非あなたも真似してみませんか。

本書のキーワードは「没頭」ということで、私も子供達に「楽しく勉強する」ことで、没頭できる環境を提供しようと考えています。

私が試した家庭学習の方法でオススメは進研ゼミのチャレンジタッチを使った勉強方法です。子供達が楽しく勉強できて「没頭できる勉強法」です。 子供が喜ぶタブレットを使って勉強する方法です。

アニメーションをたくさん使った解説はわかりやすく、覚えたことは知育ゲームなどで楽しく復習できるので、一人でもどんどん勉強がすすみます。問題を解いたらすぐに、自動で添削されるので没頭しているところに水をさすようなこともありません。

チャレンジタッチで大好きな理科の勉強中

休みの日など、勉強に没頭しすぎて「そろそろやめたら?」と、親がとめたくなるほどです。この集中力が成績につながるといいな、と応援しています。

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP