【やめてー!】親が「子供に最もなって欲しくないと思う職業」は、子供が将来なりたいもの第一位だった・・・。

学研教育総合研究所の「小学生白書Web版」によると、男子小学生「将来つきたい職業」の第一位はユーチューバーだそうです。小学生がスマホに費やす時間は、「動画閲覧」と「ゲーム」が最も長く、子供にとって大きな影響があるように思われます。

【参考】医師やサッカー選手よりもユーチューバー 男子小学生「将来つきたい職業」

一方、親が望む子供の職業は相変わらず公務員が上位で、昨今の中学受験の過熱状況などをみても、学歴社会である現実はそう甘くありません。親としては、受験や将来の就職のことを考えて、小学生の頃からしっかりした学習習慣を身につけてほしいものです。ちなみに、親が子供に将来なってほしくない職業の第一位はユーチューバーだそうです。

このように、子供のスマホの使いすぎに悩む親も多いと思いますが、子供がスマホばかりで勉強時間はきちんと確保できているか?は特に気になるところです。そして、自由にさせていると、ネット依存で日常に影響が出るなんてトラブルもあるようですから、小学生のような小さな子供達のスマホの使いすぎには注意が必要です。

対策として、私はリビング学習に進研ゼミのチャレンジタッチを使わせています。

理由は、ゲーム感覚の楽しい勉強なら子供が自ら勉強するからです。進研ゼミのチャレンジタッチは、知育ゲームやアニメーションを使った学びが豊富で、子供を飽きさせない工夫が盛りだくさんの勉強方法です。

そして、インターネットに対して安全だからです。チャレンジタッチのメールやインターネットの接続は専用アプリに限定されていて、子供が自由にネットに接続できないようになっています。アプリ内で写真撮影やニックネームを決めるところもありますが、プライバシーの保護に対して細かい配慮があります。

進研ゼミのチャレンジタッチは、あくまでも勉強のためのタブレットなので、「子供の勉強に役立つこと」、「子供が安全に学べること」がきちんと考えられているように思います。

子供は、スマホやタブレットが大好き。どうしても動画やゲームに熱中しすぎて子供が勉強したがらない場合は、勉強もそれらに負けないくらい楽しくする必要があるかもしれません。家庭学習をタブレットスタイルで、子供にとってワクワク楽しい学びに変えてみてはどうでしょうか?

長女が熱中している計算アプリ

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP