小学生 夏休みの総復習 短縮された夏休みでも7日間で丸ごと復習する方法

夏休みは、要点が整理された総復習用のドリルがおすすめです。総復習することで、成績の伸び悩みが解消したり、新しい学期や学年の勉強が楽になります。総復習ドリルは、効率よく復習できるように設計されています。

夏休みの総復習のやり方

総復習ドリルは要点が整理されて使いやすいので、復習に使うことでコロナによる理解不足や教育格差が解消される可能性があります。小学校で学ぶ内容は今後の基礎になるので、理解不足を残さないことが苦手教科をつくらないコツです。今年の夏休みは短縮されるので、効率よく復習する必要があります。特定の教科だけでなく、主要教科のすべて(国語・算数・理科・社会)を1冊で短期間のうちに復習できると人気です。

小学校の総復習が7日間でできる本 (日本語) 単行本 – 2020/1/18

夏休みに総復習をやる意味

成績の伸び悩みは、すでに習った内容の理解不足(忘れた・曖昧になっていた)が原因であることがほとんどです。特に、算数や数学は、理解した内容を使いながら新しいことを理解していくので、成績に影響しやすい教科です。「わからなくなったら、わかるところまで戻る」というのが、一番確実な方法です。総復習は、成績の伸び悩み解消や今後の理解に効果的です。

夏休みに総復習は「量より質」を重視

大事なポイントや、みんながつまずきやすい点に集中して取り組んだ方が効率よく復習できます。まだ「自分なりの勉強方法」が確立できていない子供の自主性に任せても、総復習するのは無理な話です。効率的に学ぶには、無駄なことをさける、量より質を重視することが大切です。総復習用のドリルは効率良く勉強できるように考えられています。

参考:「超」役に立つ! 勉強の仕方がわからないなら、あの有名人の勉強法を参考にしよう!

まとめ

  • 夏休みの復習は、総復習ドリルを使うと「要点が整理されていて使いやすい」のでオススメ!
  • 夏休みに総復習をやると、成績の伸び悩み解消や今後の理解に効果的。
  • 総復習は、時間をかけても終わらないので、「量より質」を重視して短期間で終わらすのが良いです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP