子供が目指すべき将来

スポンサーリンク

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子供が目指すべき将来

子供が目指すべき将来とは

子供が目指すべき将来は、大学に入って看護師の資格をとって、クリニックなどに就職をして、更にステップアップをして、自分の力で開業すること。これが自分の夢であると語っていました。こんな彼女のように、中学や高校で医療系の仕事に就きたいという目標がある学生は多くいます。

将来に向けての夢が明確であり、それを叶える能力もある学生には、こうしたチャンスを提供していきたい、という思いでこのサイトを開設しています。たくさんの学生が様々な職業を「職歴」の中に持っています。その一つとして「看護師」という選択肢を持ってもらうことが、看護師を目指す学生さんにとって、将来の選択肢を豊富に広げることになるのではないでしょうか。

医療系の仕事の採用状況は、厚生労働省の「保健師・助産師・看護師及び准看護師の就職状況等」を見ると、毎年上位の医療福祉系職種は、いずれも高い倍率です。ですから、それ相当の努力をして資格を取得する必要があります。それでも目指した看護の仕事に就ける人は、1割程度です。努力をすることと、成功する確率には、まだまだ大きなギャップがあると考えてください。

子供が目指すべき将来がわからない場合の対処法

子供が目指すべき将来がわからない場合の対処法は、小学校受験を乗り切れるほどのしっかりとした学力があるかどうかを考え、それを基準にどんな将来にしたいかを考えることが大事です。自分の実力を客観的に見つめる訓練として、勉強だけでなく家庭学習も子ども自身で行うことで、子どもの成長にブレーキをかけてしまうことを防げます。

その上で、できる限りその目指すべき将来に向けて、小さいころから学習を進めていくとよいでしょう。一方、子ども自身がその将来にあまり興味を抱いていないようであれば、無理はさせず、気長に子どもの様子を見て、本人が納得のいくように誘導するとよいです。

また、自分がなりたい職業が決まっていない段階であっても、その職業に就くために必要な学問や資格に興味を持ち、それを勉強することで、子ども自らが将来の選択肢を一つ一つ増やしていくことが大事です。そうすれば、子どもの将来を見据えて、それに向けて勉強させるべきことを親が判断しやすくなります。

小学校受験において、親の理想や価値観から子どもの進路を無理やり決めようとするのではなく、客観的な視野で子どもがどのような人生を送ってほしいかを考える姿勢が大事です。親子で将来の夢について話し合ってみるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました