子どもに時間割を作らせる

子どもに時間割を作らせるメリット

子どもに時間割を作らせるメリットは、こう言った生活リズムを親がコントロールできる事、計画的に行動できる事などがありますが、何より私は、子どもの世界が広がる事だと認識しています。

子どもの学年は違えど、一人ひとりに個性があります。みんなが仲良くできるならありがたいのですが、そう簡単にはいかないのが現実です。また、クラスでの決まり事などもあります。この縛られ事が大変な時は子ども自身も感じ、親にも不満をぶつけてくることもあります。

しかし、決められた中で、自分で考えた事ならとても楽しく感じるはずです。自主性や探究心が育っていく、そんな姿が見たいがゆえに、私は時間の配分がとても難しい子ども時代でした。

それでも、子どもと共に私も成長し、いま充実した毎日を送っています。私のように、子どもが自分で考えて行動できるようになった、と実感した人はきっと多いはず。我が家はいつも私が時間に追われていましたが、その分ちゃんと子どもの成長を見守る事ができたように思います。

最近では1日に3つの授業を入れるだけで、子ども達が持久走大会に向けて日々頑張ってくれています。

子どもに時間割を作らせるオススメの方法

子どもに時間割を作らせるオススメの方法は、自分で作ることです。しかし、具体的にどんな時間割を作れば良いか分からないという方は、大人のおまじないを活用しましょう。

おまじないは、忙しい現代人にとって必要不可欠な時間であり、時間軸の整理術であり、心の調整法でもあります。そう考えると、おまじないは生きていくために必要な時間とも言えるのです。

現代人だからこそ、おまじないを活用して時間管理、時間軸の整理術、心の調整法を得ていきましょう。それは、大人になった人が次の世代を担うことになる子どもたちへも伝えられることなのです。

そして、自分のことが一番よく分かっていながらも、なかなか時間を見つけられないという方におすすめの効果は、「時間を大切にする意識が高まった」と感じる方が多い点です。ただ、時間をコントロールできるようになっただけではありますが、そこから発展させることができるのは、大人だからこそです。

時間を大切にするために、実践できそうなことはたくさんあるはずです。この記事を参考に時間管理、時間軸の整理術、心の調整法を身に着けて、輝く大人になりましょう。

子どもが時間にだらしない場合の対処法

子どもが時間にだらしない場合の対処法は、子どもに時間をお金で買わせるしかない、と教わりました。早寝早起きは大切です。朝はカーテンを開けて、新鮮な太陽の光を浴びてください。部屋の明るさは一定にします。子どもがだらだらしていると、時計が気になり、早く寝なくてはと思わせてくれます。寝付いたあとも、音を立てると起こされてしまいますので、静かに目を閉じましょう。子どもの前でだらしない姿を見せるのも、おすすめです。子どもは何を言われても、自分に正直です。言いたいことを言って、子どもを注意させることができます。もちろん、大人のあなたから子どもを見る目も、同様です。子どもに安心感を持ってもらい、きちんと時間を守って、落ち着いて行動できるようになれば、結果はついてきます。

早起きは三文の徳、ということは子どもにも伝わっているはずです。時間を守ることは、生活リズムを整える第一歩になります。子どもがなめてかかると、手のひらを返したように、暴れるかもしれません。

最初は泣くと思います。それでも同じことの繰り返しで、だんだんとあなたにもなれてきて、反抗されなくなります。

タイトルとURLをコピーしました