【難問!】子供の「どうして勉強しないといけないの?」に、あなたならどう答える?

「どうして勉強しないといけないの?」、こんな子供の素朴な疑問に答えられていますか?

  • 「勉強に意味を感じられない・・・」
  • 「勉強しても、将来の役に立たないんじゃない?」
  • 「何のために勉強する必要があるの?」

そんな疑問に対して、「いいから勉強しなさい!」と親が答えたのでは、子供の勉強のやる気も起きないですよね。

確かに、本当の勉強とは、「自分のために必要なことを、自ら学ぶこと」です。でも親としては、「つべこべ言ってないで勉強しなさい!」と反応してしまいがち。我が子には、せめて義務教育はしっかり身につけて欲しい、子供の将来を考えると「ある程度の学歴も必要」などと考えるからです。

子供がこのような疑問を抱く原因は、はっきりしています。勉強の目的が、親から『「勉強しなさい!」と叱られないための勉強』になってしまっているからです。

そもそも子供の勉強の目的は、「必要な知識を学ぶこと」と「学んだことを組み合わせて考える力を鍛えること」です。これは、社会でより良く生活していくための土台を作っている状態といえます。土台がしっかりしていないと、高くは積み上げられません。

この点を放棄してしまっては、将来大きくはばたこうと思っていても苦労するのは目に見えています。私達が暮らしている情報社会においては、どんな業界で働くにしても「学力」が必要とされているからです。

でも安心して下さい。

親が「とにかく勉強しなさい!」などと直接言わなくても、科学的に実証された方法を使えば、子供が楽しみながら勉強にハマる方法があります。

まずは、子供の勉強のやる気を引き出すために、絶対に必要な「たったひとつの前提条件」を知って行動することです。その上で、算数や国語を「ワクワク」学ばせる方法とか、勉強に「やりがい」を感じさせる方法など、あとは型にはめて実践すればいいのです。それだけで、勉強嫌いの子供が劇的に変わります。

「でもどうやれば、そんなことできるの?」と思ったあなた。

「やる気」を科学的に分析してわかった小学生の子が勉強にハマる方法』が教えてくれます。タイトルどおり、勉強を楽しんで取り組む「技術」が学べるもので、科学的に実証されいて、どこの誰でも再現が可能な方法です。「ARCSモデル」に基づいています。

「やる気」を科学的に分析してわかった小学生の子が勉強にハマる方法』は、リンクからチェックしてみて下さい。

「やる気」を科学的に分析してわかった小学生の子が勉強にハマる方法

あなたの子供が「勉強のやりがい」や「勉強して良かった」と実感できるできるといいですね。

私は、小学生の子供達(小5・小3)に、家庭学習用の学習教材として進研ゼミのチャレンジタッチを使わせています。理由は、「楽しく勉強するため」です。子供達は、タブレットを使った勉強方法が大好きです。わかりやすい解説やご褒美ゲームが気に入って、「勉強しなさい!」と言わなくても、進んで勉強しています。親も助かる勉強法です。

理科や社会の勉強も「面白いよ」と言って熱中してます!

本書でも、「学び」に「遊び(ゲーム)」を取り入れたり、「動画やアプリを使って楽しく勉強する方法」も紹介しています。本書で紹介されている方法は、チャレンジタッチの学習方法ととても相性が良いと思います。また、チャレンジタッチなら全部の教科をまるごとタブレットで学べるので、より効果が高いと思っています。

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP