暗記が苦手で悩んでいるあなたへ 入試や資格取得にも役立つ暗記のすごいコツ、知っていますか?

あなたは子供の受験やテストについて、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 「暗記が苦手。頑張って勉強したのに全然覚えられない。」
  • 「とくに暗記が苦手で、暗記科目で点数がとれない。」
  • 「受験で暗記することが多い。効率的に覚えられる方法ないの?。」
  • 「時間がなくて復習や暗記の時間がない。暗記テクって効果ある?

暗記が苦手な人にとって、「大量の情報を一度に覚えること」はすごく苦痛な作業です。でも、試験や資格のためには必死になって覚えることも必要です。そんなとき、たくさん時間をかけて勉強しても効果がないと残念ですよね。

でもその原因ははっきりしています。あなたに「暗記のテクニック」が足らないのです。暗記は訓練で鍛えられるのです。

そのまま放っておいたら、これからの子供の入試や資格試験はどうなるでしょう?苦手な暗記を我慢して勉強しても、残念ながら結果には期待できないかもしれません。これからも情報は増える一方ですし、年々更新される内容についていくためには定期的に記憶をアップデートする必要があるのです。入試やテストの暗記以外にも、すべての人にとって、効率よく覚えられる「暗記のテクニック」が今後もますます必要とされてくるからです。

でも安心して下さい。「暗記のテクニック」を着実に身につける方法があります。

まずは、勉強の基礎となる暗記を始めるうえで、絶対に必要な「効果のある暗記の仕方・ない暗記の仕方」を知って、常にそれを意識して、効果的な暗記の仕方に絞って取り組むことです。その上で、「試験に受かる暗記テクニック」「効率的に覚える技術」を学習すれば、あとは自分にあった方法を選択して実践すればいいのです。それだけで、あなたの暗記力は劇的に強くなります。

「でもそれをどこで教えてくれるの?」と思ったあなた。

図解でわかる 暗記のすごいコツ 誰でも確実に結果が出せる35のテクニック」が教えてくれます。タイトル通り、「暗記のテクニック」を文章と図解で学べる本です。

文章の説明・図解の説明がセットになっているので、「文章を読むのが苦手な人」でも「ざっと目を通して、自分にあった暗記法を探したい人」にもオススメの内容になっています。シンプルな図でまとめられていて、図解だけみても暗記のポイントがしっかり伝わるので、忙しい受験生や社会人にもピッタリの内容だと思います。

図解でわかる 暗記のすごいコツ 誰でも確実に結果が出せる35のテクニック」についての詳しい内容は、こちらのリンクをチェックしてみて下さいね。
あなたの「暗記が苦手」という悩みが解決されることを祈っています。

我が家の暗記事情についてですが、子供たちはまだ小学生なので”なんでも覚えられる時期”のようで、暗記に困る様子は全くないです・・・(笑)。

しかし、家庭学習で使っている進研ゼミのチャレンジタッチでは、教科毎に特に覚えにくい部分は「楽しく・しっかり覚えられる」ような工夫が散りばめられているので、「よい暗記法だなぁ」と思うことがよくあります。特に、専用タブレットで学習するスタイルのチャレンジタッチでは、「書いて覚えるだけじゃない、他のやり方で覚える工夫」があるとおもいます。

まずは、歌。算数のかけ算九九や、社会の地域ごとの名産品、英語のアルファベットなど、楽しい歌で何度も繰り返して覚えます。タブレットから音楽が流れてきて、歌っているうちに覚えてしまいます。

つぎに、知育ゲーム。テレビで”クイズ王”などのクイズ番組が人気ですが、勉強で覚えた知識をクイズに答えながら覚えるアプリが配信されています。クイズアプリでは全国の会員とランキング形式で競い合うことができます。親も熱くなるほどの面白さです。その他にも、パズルやアクションゲームのような知育アプリなど、楽しみながら勉強できる仕組みが満載です。

特に、チャレンジタッチでは「間違えた問題」を必ず解き直しできる仕組みが整っているのがオススメのポイントです。更に、各レッスンの最後には「まとめ問題」も準備されていて、記憶の定着をしっかり確認することができます。「図解でわかる 暗記のすごいコツ 誰でも確実に結果が出せる35のテクニック」でも暗記の基本スキルとして取り上げられている『繰り返し』についても万全です。

先日、小学5年生になったばかりの長女には、ポータブルの暗記ツールが届きました。内容は、英語と漢字の暗記、計算練習のツールです。小さくて持ち運びも便利でいつでも・どこでも使えるのがポイントです、ちょうど、小学生高学年が好きそうなデザインと機能です。通学や移動中、ちょっとしたスキマ時間にも活用できるので便利です。

進研ゼミから届いた暗記ツール(漢字・英語、計算)

暗記は、得意な人・苦手な人がいますし、その方法も様々です。自分にあった方法をみつけて実践するのが何より大事です。「子どもの暗記、なんとか良い方法ないかな・・・」と悩んでいる人は、進研ゼミ チャレンジタッチで最新の勉強方法を試してみるのも良いかもしれませんね。

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP