「超」役に立つ! 勉強の仕方がわからないなら、あの有名人の勉強法を参考にしよう!

自分にぴったりの勉強法を探すとき、著名人が実践していた勉強方法に、参考にしたいポイントがいくつかあります。学校や塾で一生懸命勉強しているのに、「結果がついてこない」「他人と差がついてしまう」と感じるのは、「やり方が悪い」か「環境に原因がある」ことが多いです。「学ぶ」の語源は「真似る」にあるように、勉強のやり方がわからないという人は、著名人の勉強法のマネをしてみると解決法がみつかるかもしれません。

  • 集中して短時間で終わらせる
  • 無駄なことをしない
  • 成果につながる勉強法

著名人の勉強法

著名人の勉強法は、いずれも「効率重視」「時間重視」「成果を出す」が基本になっています。テストで点数をとるには、「効率の良い勉強法」が必要です。言い換えれば、効率の悪い勉強法では成績につながりにくいということです。「学校で教えてもらう勉強のやり方」とはかなり異なるものもありますが、みんな一斉に学ぶ学校の勉強方法と、個々の才能を引き出す勉強法には違いがあっても当然なのかもしれません。

  • 「超」勉強法(著者:野口悠紀雄)
    • なぜ「勉強法」の本がないのだろう、勉強は「ノウハウ」。
    • 数学=受験数学は暗記。英語=教科書を丸暗記。国語=速読を練習する。
  • 「超」勉強力(著者:中野信子、山口真由)
    • すべての勉強の基本は「国語力」にある。
    • 7回読み勉強法。網羅性の高い1冊の基本書を選んで、30分〜1時間程度で1冊読みきる。
  • マンガでわかりやすい やってはいけない勉強法(著者:石井貴士)
    • 「やってはいけない勉強法をしている、それが問題なんだ!」
    • 瞬間記憶、勉強の極意は「速く読むこと」にあり。

「正しいやり方」と「環境」が大事

良い成績をとれている子供は、早くから「正しい勉強法」を確立していることが多いです。また、自宅での勉強を習慣化したり、塾に通って勉強する時間を増やすなど、勉強に集中するための環境を整える工夫をしています。学習能力を引き出すのも、スポーツと同じように、「正しいやり方」と「環境」が大事です。スポーツ選手の子供が幼い頃から2世として活躍できるのには、遺伝的な要因も多少はあるでしょうが、「正しいやり方」と「環境」がしっかり準備されることが大きな影響を与えているとも考えられています。

やり方を真似てみる

いくつかの勉強方法を学んでみて、「自分でもできそうだ」と思ったら、真似てみることです。勉強法は教科別にまとめてあることも多いので、苦手教科や面白そうなものから、少しずつ始めても良いと思います。効率的な勉強方法ではスキマ時間でもできるアイディアも紹介されていることがあるので、簡単に真似できそうなものからマネしてみるのがコツです。何も考えずに自然とできるようになるまで、繰り返して習慣化するのを目標にしましょう。

まとめ

  • 勉強方法を探しているなら、著名人の勉強法を参考にしてみよう。
  • 勉強にも「正しいやり方」と「環境」が大事。
  • 勉強方法のマネは、教科別・スキマ時間等のマネしやすい部分から。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP