図書館の司書オススメの10冊 小学生中学年対象(小学校2年生〜小学校4年生)

子育て365.com です。

子どもにどんな本を読ませるか

子どもに読ませる本はどんなのが良いのか、いつも悩んでしまいます。子どもに「好きな本を読もう!」と自由に選ばせると、絵本や既に読んだことがある本ばかり選びがち。親としては、もうちょっとレベルアップして欲しい。かといって、親の目線で薦める本はレベルが合わないのか、なかなか読んでくれない。

最近、図書館で配布された「司書が選んだ本」というのを参考に本を選んでみました。人気の本はなかなか借りれないこともありますが、本を探す楽しみもあります。探している途中で、「あっ、コレ読みたい!」って本もたまに見つかるようです。是非「本が好き」になって、たくさんの本を読んで欲しいです。

図書館の司書オススメの本 10冊

・とっときのとっかえっこ

サリー・ウィットマン/文
カレン・ガンダーシーマー/絵
谷川俊太郎/訳

・ゼラルダと人喰い鬼

トミー・ウンゲラー/作
たむら りゅういち/訳
あそう くみ/訳

・野の白鳥

H.C.アンデルセン/原作
バーナデット・ワッツ/文・絵
角野栄子/訳

・だってだってのおばあさん

さのようこ/作

・ビロードのうさぎ

マージェリィ・W.ビアンコ/原作
酒井駒子/絵・抄訳

・百まいのドレス

エレナー・エスティス/作
石井桃子/訳
ルイス・スロボドキン/絵

・ドリトル先生航海記

ヒュー・ロフティング/作
井伏鱒二/訳

・チョコレート戦争

大石真/作
北田卓史/絵

・ふたりのロッテ

ケストナー/作
高橋健二/訳

・ルドルフとイッパイアッテナ

斉藤洋/作
杉浦範茂/絵

子どもと一緒に選んで読んだ本

みんな、子供の頃、ビロードのうさぎのような「ほんもの」を持っていました。懐かしいような、ちょっと寂しいような、お話です。子どもの頃の思い出に包まれそう。長女と一緒に読みました。とても良い本です。

次女は、何度も何度も声に出して、この本を読みました。「ねこ」と「おばあさん」の掛け合いがとても楽しい本です。いまでも、思い出せば子どもの声が聞こえてきそう。リズムが心地よくて、声に出して読みたい本です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP